無料相談ダイヤル
秘密厳守いたします。
受付:24時間対応(年中無休)

規模のメリットの追求 (異なる商圏・顧客を持つ同業の買収)

異なる商圏(営業エリア)や顧客ベースを持つ同業の会社を買収し、管理部門や営業体制を効率化することで、コスト削減によるシナジー効果を実現したケースです。

健康不安のため、タクシー会社(年商約6億円)を業界大手企業に譲渡。

資金難のため、洋食レストランの会社(売上:約5億円)を新たな業態への進出を目指す飲食業(他業態)企業へ譲渡

事業の選択と集中のため、老人ホーム運営会社(売上:4.5億円)を同地域での規模拡大を目指す同業大手に売却。

後継者不在のため、運送業の会社(売上:約2億円)を事業領域及び対応地域の拡充で売上拡大を目指す同業に譲渡

後継者不在のため、システムエンジニアリングサービスの会社(売上:約1億円)を優秀なエンジニア及び優良顧客の獲得で売上拡大を目指す同業に譲渡

海外へ移住するため、保育園の運営会社(売上:約1億円)をロールアップを目指す投資会社に譲渡。

後継者不在のため、翻訳会社(売上:約1億円)を規模拡大を目指す同業の上場企業に譲渡

後継者不在のため、ドラッグストア・調剤薬局(売上:約2億円)を同業の大手企業に事業譲渡

別事業に挑戦するため、システムエンジニアリングサービスを提供する会社(売上:約4億円)を同業へ譲渡。

事業の選択と集中のため、福祉用具レンタル事業(売上:約1億円)を規模拡大を目指す同業大手に売却。

後継者がいないため生活雑貨の卸・小売会社(売上:約10億円)を規模の拡大を図る同業大手に売却。

事業の選択と集中のため、グループホーム事業(売上:約1億円)を、その地域への進出を目指す介護会社に売却。

本業に専念するため調剤薬局1店舗(売上:約80百万円)を、同地域での出店を狙う同業大手に売却。

後継者がいないため、埼玉県の調剤薬局1店舗(売上:約2.5億円)を同業大手企業に売却。

自身の健康問題のため、グループホーム事業(売上:約1億円)を、その地域への進出を目指す介護会社に売却。

後継者不在の中、65歳で引退するため、美容室チェーン(売上:約1億円)を、規模拡大を目指す美容院・エステ・外食業を展開する複合企業に売却。

家族の健康問題のため、倉庫会社(売上:約1億円)を、規模のメリットの獲得を狙う運送・倉庫会社に売却。

別事業に専念するため、ビルメン・警備・マンション管理会社(売上:約6億円)を、同業界でロールアップ戦略を進める投資会社へ売却。

家族との時間を大切にするため、アーリーリタイア。葬儀会社(売上:約3億円)を、規模拡大を目指す同業大手に売却。

事業の選択と集中のため、居酒屋5店舗(売上:約3億円)を、外食事業の規模拡大を目指す人材派遣会社に売却。

アーリーリタイアで人生をリセットするため、40代のオーナー社長が、運送会社(売上:約5億円)を業容拡大を目指す同業に譲渡。

後継者不在のため、地域密着のタクシー会社(売上:約10億円)を、規模拡大を目指す県下最大手の同業に譲渡。

グループ再編のため、非中核の人材サービス会社(売上:約20億円)を、規模拡大を目指す同業に売却。