無料相談ダイヤル
秘密厳守いたします。
受付:24時間対応(年中無休)
  • HOME >
  • 実績一覧 >
  • 後継者不在・会社の成長・発展を考えて、調剤薬局(売上:約2.5億円)を資本力のある同業大手企業に譲渡

後継者不在・会社の成長・発展を考えて、調剤薬局(売上:約2.5億円)を資本力のある同業大手企業に譲渡

売り手企業

事業内容 調剤薬局1店舗の運営
売上 約2.5億円
売却理由 後継者不在、会社の成長・発展

買い手企業

事業内容 調剤薬局の運営
売上 数千億円
買収目的 規模メリットの追求
スキーム 100%株式譲渡
概要 対象会社は、調剤薬局を1店舗運営する会社。社長は50代前半の経営者であったが、将来の後継者が不在であった。
門前クリニックの成長により、処方箋枚数が倍増しているものの薬剤師の確保ができず、社長が休みなく働いていた。また、社長は、コロナウィルスの感染拡大により調剤薬局業界への先行き不安もあり譲渡を決意した。

大手調剤薬局をメインに打診をしていったところ、対象会社の門前クリニックが心療内科であり、技術料が比較的多く取れていたこと、及び地域支援体制加算・後発品等の加算状況も良好であったことから、譲受をしたいという意向が殺到した。

複数社と面談後、対象会社の決算が1カ月後に迫っていたため、スピード感があり対象会社へ最も高い評価をした企業(同業大手企業)と株式譲渡契約書を締結するに至った。
株式譲渡後、社長は代表取締役を辞任し、管理薬剤師として引き続き勤務している。