無料相談ダイヤル
秘密厳守いたします。
受付:24時間対応(年中無休)
  • HOME >
  • 実績一覧 >
  • 後継者不在のため、社会保険労務士事務所(売上:1億円以下)を同業へ譲渡

後継者不在のため、社会保険労務士事務所(売上:1億円以下)を同業へ譲渡

売り手企業

事業内容 社会保険労務士事務所
売上 1億円以下
売却理由 後継者不在

買い手企業

事業内容 社会保険労務士事務所
売上 約2億円
買収目的 事業エリアの拡大、顧問先の獲得
スキーム 事業譲渡
概要 売り手は九州の開業社労士。県内でも屈指の規模の事務所であるが、所長が60代後半と高齢になり、副所長への承継も検討したものの、事務所の発展及び従業員の雇用の継続のため、副所長を売り手事務所の所長とする条件でM&Aを選んだ。

全国の社労士法人へ打診を行ったところ、多数の顧問先を支援できる従業員のレベルの高さ、労働保険事務組合を併設している点が評価され、中国地方の社会保険労務士法人が買収を希望、面談をした。

買い手は社労士事務所譲り受けの経験も豊富であり、売り手副所長と買い手の相性も良く、安心して任せられるお相手であるとして、売り手は事業譲渡を決断。

売り手は会長職として、売り手の副所長は買い手の役員に就任し、所長として引き継いでいくこととなった。