無料相談ダイヤル
秘密厳守いたします。
受付:24時間対応(年中無休)
  • HOME >
  • 実績一覧 >
  • 先行き不安と後継者不在のため、調剤薬局(売上:2.3億円)を大手企業へ早期に承継

先行き不安と後継者不在のため、調剤薬局(売上:2.3億円)を大手企業へ早期に承継

売り手企業

事業内容 調剤薬局
売上 2.3億円
売却理由 先行き不安と後継者不在

買い手企業

事業内容 調剤薬局事業、介護事業
売上 数百億円
買収目的 規模のメリットの追求
スキーム 株式譲渡
概要 対象会社は、東海地方にて調剤薬局を運営している会社。
元々は薬剤師でもあるオーナーが個人事業で薬局を運営していたが、その後、順調に拡大し、会社化して2店舗を運営していた。

オーナー社長はまだ経営者としては若かったが、業界に対する先行き不安があり、また自身に後継者がいなかったため、早期に事業承継を検討しはじめた。
そして、最終的には会社の売却を決断し、弊社ホームページよりお問い合わせをいただいた。

資料の準備を整え、大手の調剤薬局・ドラッグストアの上場企業等に打診をしていったところ、東海地方への出店を積極的に行っている複数社が買収に興味を示した。
数社との面談を実施し、条件提示を受けた後、オーナー社長が、近隣医療機関や不動産貸主と今後も良好な関係を築ける企業かどうかを検討し、相手先を選定した。
その後、専門家による買収監査(デューディリジェンス)を受け、株式譲渡契約書を締結するにいたった。

株式譲渡後は、買い手から新社長を出してもらい、売主は管理薬剤師として一定期間継続勤務し、引き継ぎをしていくこととなった。