無料相談ダイヤル
秘密厳守いたします。
受付:24時間対応(年中無休)
  • HOME >
  • 実績 >
  • 別事業に専念するため、ビルメン・警備・マンション管理会社(売上:約6億円)を、同業界でロールアップ戦略を進める投資会社へ売却。

別事業に専念するため、ビルメン・警備・マンション管理会社(売上:約6億円)を、同業界でロールアップ戦略を進める投資会社へ売却。

売り手企業

事業内容 ビルメン・警備・マンション管理会社
売上 約6億円
売却理由 創業者利益の獲得 / 会社の成長・発展

買い手企業

事業内容 投資会社 (上場企業)
売上 約100億円
買収目的 規模のメリットの追求
スキーム 株式譲渡
概要 売却対象会社であるビルメンテナンス会社、警備会社、マンション管理会社は、地元での知名度が高く、安定した業績と好財務内容を誇る優良企業だった。
同社の社長は、3社を並行して経営していたが、数年前にスタートした別事業に専念することを希望していた。
社長は、様々な選択肢を検討した結果、会社売却が、自身にとっても、従業員にとってもベストであると結論し、売却を決断した。

買い手企業である投資会社は、不動産関連サービス事業でのロールアップ戦略(同業種の会社を順次買収することで、規模のメリットを追求する戦略)に基づき、買収ニーズにマッチする会社を探していた。

売り手社長と投資会社のニーズが合致したため、早い段階で方向性は確定したが、手続き面で若干時間を要し、社長に相談を受けてから約1年後に、M&Aが成立することとなった。

売り手社長は、引き継ぎ完了後、成長性の高い事業を展開する別会社の経営に専念する予定である。

 

【マンション管理・ビルメン・警備会社の最新M&A動向】
マンション管理・ビルメン・警備業界では人手不足が深刻化しており、多くの中小企業が人手不足と労務コストの上昇に直面しています。
また、中小零細の会社数が多く過当競争が続いており、価格は低下傾向にあります。
さらに、従業員の教育体制や24時間サポートへの対応等、サービス品質への要求水準が高くなってきています。
一方、大手マンション管理・警備会社はM&Aによるシェア拡大を積極化しており、寡占化が進展しています。

このような環境下において、会社売却を検討するオーナー経営者様が増えてきています。マンション管理・ビルメン・警備会社のM&Aマーケットの現況としては、大手企業の買収ニーズが非常に強いこと、及び現在の景気・不動産市況が好調であることを反映して、良い買収条件が出ることが多くなっています。

インテグループでは、マンション管理会社・ビルメンテナンス会社・警備会社のM&Aに豊富な実績を有しておりますので、会社のご売却をご検討中の経営者様は是非ご相談ください。

マンション管理会社M&A専門サイト

参考:マンション管理会社のM&A・売却・事業譲渡
参考:ビルメンテナンス会社のM&A・売却・事業譲渡
参考:警備会社のM&A・売却・事業譲渡