無料相談ダイヤル
秘密厳守いたします。
受付:24時間対応(年中無休)
  • HOME >
  • 実績 >
  • 海外へ移住するため、保育園の運営会社(売上:約1億円)をロールアップを目指す投資会社に譲渡。

海外へ移住するため、保育園の運営会社(売上:約1億円)をロールアップを目指す投資会社に譲渡。

売り手企業

事業内容 保育園の運営
売上 約1億円
売却理由 海外へ移住するため

買い手企業

事業内容 投資事業
売上 非公開
買収目的 規模の拡大
スキーム 株式譲渡
概要 対象会社は、小規模認可保育園を複数運営する会社で、手ぶら保育という保護者目線のサービスを提供することで、地域でも人気を誇っていた。しかしながら社長は家族が住む海外に移住するため、弊社にM&Aの相談があった。

同業企業を中心に打診したところ、対象会社は小規模ながら、運営方針、従業員の定着率等が高く評価され、複数社が買収を希望した。

その中で、既に保育園運営会社に投資していて、保育園のロールアップ(同業の追加買収)を目指す投資会社が本件の買い手となった。最初のトップ面談から、お互いに意気投合し、その後、買い手は、対象会社の保育園、従業員を取り込むことで、さらなる成長が期待できると確信し、売り手の希望を上回る条件を提示した。

デューデリジェンスでも大きな問題はなく、譲渡成立に至った。また、対象会社のオーナー社長は早期に海外へ移住するため比較的短い引継ぎ期間となった。

 

【保育園・保育所の最新M&A動向】

待機児童数の増加が社会問題化しており、保育サービスの拡充が急がれています。一方で、保育業界は深刻な人手不足に直面しており、多くの保育園経営者が後継者問題を抱えていると言われています。

このような状況の中で、保育園・保育所の売却を決断する経営者様が増えています。一方、買収による異業種からの参入や同業同士のM&Aによる規模拡大の動きは活発で、保育園・保育所に対する買収ニーズは非常に強い状況が続いています

インテグループでは、保育園・保育所のM&Aに豊富な実績を有しておりますので、保育園のご売却をご検討中の経営者様は是非ご相談ください。

保育園・保育所M&A専門サイト

参考:保育園・保育所のM&A・売却・事業譲渡