無料相談ダイヤル
秘密厳守いたします。
受付:24時間対応(年中無休)
  • HOME >
  • 実績一覧 >
  • 後継者不在のため、電気工事会社(売上:約5億円)を長年の信頼関係がある上場企業グループに譲渡

後継者不在のため、電気工事会社(売上:約5億円)を長年の信頼関係がある上場企業グループに譲渡

売り手企業

事業内容 電車線や送電線等の電気工事
売上 約5億円
売却理由 後継者不在

買い手企業

事業内容 電車線の工事
売上 約50億円
買収目的 規模メリットの追求
スキーム 会社分割後の株式譲渡
概要 対象会社は創業100年近い歴史のある企業。3代目の社長は体調を崩しており、後継者候補は社外で研究職をしている娘のみであった。社長は経営において苦しい思いもしてきた経験から、娘には継がせたくないという意向があり第三者への譲渡を検討していた。
相手先に関する売り手社長の希望は、従業員にとっても喜んでもらえる企業であること、対象会社の事業を継続・成長させてくれる企業であることの2点であった。

そこで、地元で有力な上場企業グループで長年の取引がある企業1社にのみ、お声掛けをすることを希望した。
買い手企業は大手の上場企業グループであるがゆえに、意思決定には時間がかかる部分も見受けられたものの、1つ1つ意思決定をしていくことにより、グループ企業でのコロナ禍の影響を乗り越えて、M&Aの実行までたどり着くことができた。