ノンコア事業・子会社の売却 (経営の選択と集中、事業・グループの再編)

いわゆる「経営の選択と集中」として、ノンコア(非中核)の事業・子会社の売却により資金を得て、コア(中核)事業に経営資源を集中させたケースです。

事業の選択と集中のため、福祉用具レンタル事業(売上:約1億円)を規模拡大を目指す同業大手に売却。

事業の選択と集中のため、老人ホーム事業(売上:約2億円)を規模拡大を目指す同業他社に売却。

事業の選択と集中のため、グループホーム事業(売上:約1億円)を、その地域への進出を目指す介護会社に売却。

本業に専念するため調剤薬局1店舗(売上:約80百万円)を、同地域での出店を狙う同業大手に売却。

事業の選択と集中のため、グループ会社であるプリント基板製造メーカー(売上:約8億円)を、経営陣に売却。

事業の選択と集中のため、ASP事業(売上:約1億円)を、インターネット関連企業に事業譲渡

本業集中のため、ノンコア子会社の製麺会社(売上:約2億円)を、新商材の取得を目指す食品加工会社に売却。

事業の選択と集中のため、居酒屋5店舗(売上:約3億円)を、外食事業の規模拡大を目指す人材派遣会社に売却。

別事業に専念するため、都心の認可・認証外の保育園2園(売上:約5,000万円)を、新規事業獲得を目指す給食会社に売却。

借入金の返済のため、業績のよい居酒屋店舗(売上:約8,000万円)を、外食業への進出を希望する食品小売り企業に売却。

資金繰り難のため、ノンコア子会社の生活雑貨メーカー(売上:約15億円)を、多角化を進めるIT企業へ売却。

選択と集中のため、医療系ポータルサイト事業(売上:約5,000万円)を、関連分野進出を目指す医療系ソフト会社に譲渡。

本業に集中するため、非中核のITコンサル事業(売上:約1億円)を、サービス拡充を目指す同業に売却。

ノンコア子会社の旅行代理店(売上:約10億円)を、サービス拡充を目指す上場コンサルティング会社に売却。

アパレルメーカーが、選択と集中により非中核のブランド事業(売上:約40億円)を、新ブランドの獲得を狙う同業に売却。

グループ再編のため、非中核の人材サービス会社(売上:約20億円)を、規模拡大を目指す同業に売却。

M&A無料相談・お問い合わせ

  • 資料請求
  • 無料 企業価値算定サービス
ページTOPへ

Copyright(C)Integroup Inc. All rights reserved.