• HOME >
  • M&Aコラム >
  • M&A仲介会社の見分け方

M&A仲介会社の見分け方

M&Aを成功させるには、自社のニーズに合った適切なM&A仲介会社を選ぶことが極めて重要です。

もし間違ってニーズに合わないM&A仲介会社に依頼してしまうと、時間を浪費したり、本来必要のない余計な(莫大な)費用がかかったりして、取り返しのつかないことになりかねません。

以前別の会社に依頼したが、期待通りの成果が得られなかったので、弊社に来たというお客様も相当数いらっしゃいますし、また逆に、弊社ではお受けできないので他社をお薦めするケースもあります。

そのようなことがなるべく無くなるよう、以下4つのポイントについて、M&A仲介会社の見分け方と弊社の特徴をご説明いたします。

  • 取り扱う案件の規模による見分け方
  • 強みによる見分け方
  • 報酬体系による見分け方
  • 候補企業へのアプローチ方法による見分け方

1.取り扱う案件の規模による見分け方

下表のようにM&A仲介会社によって、取り扱うM&Aの売買(売却/買収)価格の規模が異なりますので、案件規模が合うM&A仲介会社に依頼する必要があります。

売買価格の規模 M&A支援会社
数百万円~数千万円 ウェブサイト売買、店舗売買の仲介会社等
数千万円~数億円 弊社等
数億円~数十億円 銀行、証券、他の仲介会社等
数十億円~ 大手投資銀行等

取り扱う案件規模により、各社が保有する情報、M&Aアドバイザーに必要とされる能力や営業スタイルも違ったものになり、M&Aの成否に影響いたします。したがって、どれくらいの規模の案件を扱っているか各社のホームページで確認するか、あるいは直接各社にお問い合わせください。

弊社でも、数十億円規模の案件も扱いますが、通常は売買価格が数千万円~数億円の中堅・中小企業、ベンチャー企業のM&Aを支援しております。

弊社のお客様の特徴はこちらをご参照ください。

取り扱う案件の規模以外でも、以下で説明する“強み”や“報酬体系”も各社で相当異なりますので、十分ご注意ください。

ページTOPへ

2.強みによる見分け方

M&A仲介会社は、大きく分類すると、専門性が高い会社と、営業力・情報力が強みの会社に分かれます。それ以外には、業種、店舗やウェブサイト等に特化したM&A仲介会社もあります。

弊社 A社 B社 C社
専門性
営業力・情報量
業種特化

M&Aを成立させるには会計、財務、税務、法律などの専門知識が要求されますが、そういった専門性がない仲介会社に依頼してしまうと、M&A成立後に思わぬリスク(損害賠償や簿外債務など)を抱えてしまうことになりかねません。

またM&Aアドバイザーとして専門性があればそれで十分ということはなく、ベストのM&Aの相手方の企業を探してくる営業力や情報力が不可欠です。そもそも相手が見つからなければM&Aは成立しませんし、ベストの相手でないと対価やその他の条件面が悪いM&Aにならざるを得ません。したがって、売却希望および買収希望の会社の情報をどれだけ持っているかが極めて重要です。

外部から専門性や営業力・情報量を評価するのはなかなか難しいですが、実績、経営陣の経歴、実際に面談した際のコンサルタントの受け答え等からある程度判断はできます。

弊社は、内部に会計士や弁護士を擁し、高度な専門性を要する業務にも対応します。また、弊社は口コミおよびホームページ等を見た売却希望および買収希望のお客様から直接日々ご依頼を受けております。さらに、提携先(約200の金融機関、会計事務所等)のネットワークも使い、各業界の上場企業、全国の中小企業へもアプローチ可能です。

3.報酬体系による見分け方

弊社の料金体系は成功報酬のみで非常にシンプルですが、中には複雑な料金体系を採用している仲介会社もあります。
仲介会社にご依頼される前に、是非以下をご参照ください。

  • 弊社の料金体系
  • 完全成功報酬制の理由
  • 他社の料金体系との違い
ページTOPへ

4.候補企業へのアプローチ方法による見分け方

相手企業へのアプローチには以下の二つの方法があります。
(以下は売却のご依頼を受けて、買い手企業を探す例でご説明いたします。)

(1) 同時並行アプローチ

同時並行で複数(数社~数十社)の買い手候補企業にアプローチし交渉を進めて、最も相性と条件が合う相手先を探す方法です。

(2) 1社ずつアプローチ

選定した買い手候補企業1社にアプローチし、その1社とのみ交渉を進め、条件が合わなければ、また次の1社にアプローチして、条件が合う会社が出てくるまで探す方法です。

弊社では、お客様のご要望によりどちらの方法を採用することも可能ですが、通常は「同時並行アプローチ」をお勧めしています。このアプローチのメリットは、同時並行で複数社と交渉を進めていくので、比較的短期間にM&Aを成立させることが可能なことと、最も相性と条件が良い相手先を選定することができることです。

「1社ずつアプローチ」の場合は、買い手候補企業との交渉が決裂すると、また一から別の会社へアプローチするため、最終的にM&Aが成立するまでに長期間を要する可能性が高くなります。また現在交渉している買い手候補企業がベストの相手先かどうか判別するのが極めて困難です。

M&A仲介会社の中には「1社ずつアプローチ」しか行わない会社がありますので注意が必要です。
売り手、買い手の双方から着手金をとるM&A仲介会社は、通常「1社ずつアプローチ」しか採用しません。なぜなら、同時並行で買い手候補企業にアプローチする場合、買い手候補企業は独占的に交渉できる訳ではないので、通常着手金を払ってくれないためです。(買い手候補企業からも着手金をもらうには、独占的な交渉を約束する必要があるためです。)

報酬体系による見分け方で説明したように、弊社では着手金等はいただかず成功報酬のみで対応いたしますので、「同時並行アプローチ」を採用することが可能です。実際、弊社に売却のご依頼をされるほとんどの売り手のオーナー社長様は、「同時並行アプローチ」を希望されます。「1社ずつアプローチ」は、お客様のためにはならない場合が多いので、売り手のお客様からご要望が無い限り弊社では採用しておりません。

M&A無料相談・お問い合わせ

  • 資料請求
  • 無料 企業価値算定サービス
ページTOPへ

Copyright(C)Integroup Inc. All rights reserved.