• HOME >
  • M&Aコラム >
  • 売却しやすい会社とは

売却しやすい会社とは

どのような会社が売却しやすいか、つまり買い手にとって魅力があるかについて「社内体制」「M&Aのプロセス」「財務内容」「業種・ビジネスモデル」の観点からご説明いたします。

以下は、これまで弊社の仲介で成功裏に譲渡できた会社の特徴を列挙したものですが、実際この全てに当てはまる会社はありません。この中でいくつかでも当てはまっていれば売却できる可能性があります。

シナジー等の存在により、他社から見た貴社の企業価値が、オーナー社長様ご自身による評価を上回ることも十分考えられますので、ご自身で判断される前に、専門家にご相談下さい。

弊社では、無料で売却可能性について診断させていただきます。また今すぐではないが、数年後に売却を考えたいというオーナー社長様に対しても、M&Aの観点からは今度どのように会社運営をすべきかについてアドバイスさせていただきます。

1.社内体制

  • 権限委譲が進んでおり、オーナー社長が(将来的に)抜けても業績に与える影響が限定的。
  • 社内にノウハウが蓄積していて組織的に仕事をしている。
  • 決算数字が信頼でき(簿外債務もなく)、コンプライアンス上の問題がない。

社長様が譲渡後も経営者として残るかどうかはケースバイケースですが、いずれにしてもオーナー社長が(引き継ぎ後、または将来的に)抜けた時に、売上・利益が下がり、会社の価値が大きく毀損されてしまうことを買い手企業は非常に懸念します。

従って、(実際にはオーナー社長の影響力が大きい会社が多いのですが)理想的には、オーナー社長が抜けても、影響があまり出ない会社が買い手には好まれます。

売却を検討されている場合は、なるべく早い段階から、権限委譲を進め、組織作りをされることをお勧めいたします。

ページTOPへ

2.M&Aのプロセス

  • 適切に売却希望価格を設定する。
  • 買い手からの質問に誠実かつ迅速に答える。
  • M&Aの交渉中も月次の業績を維持する。

売却希望価格が相場価格と比べてあまりに高すぎると、入り口の段階で、興味を持ってくれる会社がいなくなるため、売却希望価格はアドバイザーと協議し適切に設定する必要があります。

買い手候補との交渉が始まると、様々な質問をされます。買い手としては、会社の内容を精査しリスクを把握する必要があるので、耳が痛いことも質問してきますが、可能な範囲でこれらに対して誠実かつ迅速に対応することが好印象に繋がり、交渉を有利に進めることに繋がります。

M&Aの条件交渉は、最初のアプローチから最終契約まで、2~3ヶ月以上かかるので、その間にも月次の数字を開示する必要がございます。月次の売上・利益が下がると印象が悪くなり、売却価格の減額要因にもなるため、売却を決意した後も本業は絶対に手を抜かないようお願いいたします。

3.財務内容

  • 売上・利益が成長または安定している。(少なくとも構造的な赤字になっていない。)
  • 自己資本比率が高く、借入金が少ない。

財務内容の良い会社は当然に好まれ、また高い売却価格を設定することが可能になります。
未上場のオーナー企業の場合は、役員報酬が過大であったり、種々の節税対策を施していたりする場合がありますが、M&Aの場合は実質的な損益を見ますので、それらは問題ありません。

4.業種・ビジネスモデル

  • 市場が拡大している業種。
  • 規模のメリットが働く業種。
  • 顧客が安定していたり、ストックビジネスになっていたりして継続収入があるビジネスモデル。

以上、売却しやすい会社の特徴を簡単にまとめましたが、これらにほとんど当てはまらない会社でも、何か大きな強みがあれば高い価値がつく可能性は十分にありますので、あくまで一つの参考として考えていただければと思います。
弊社のお客様の特徴および弊社の過去の実績については以下をご参照ください。

  • お客様の特徴
  • 実績

弊社では、売却の可能性や想定売却価格につき、無料でアドバイスいたしますので、ご興味のある方はお気軽にご相談ください。

M&A無料相談・お問い合わせ

  • 資料請求
  • 無料 企業価値算定サービス
ページTOPへ

Copyright(C)Integroup Inc. All rights reserved.