無料相談ダイヤル
秘密厳守いたします。
受付:24時間対応(年中無休)
  • HOME >
  • 実績 >
  • 本業に集中するため、非中核のITコンサル事業(売上:約1億円)を、サービス拡充を目指す同業に売却。

本業に集中するため、非中核のITコンサル事業(売上:約1億円)を、サービス拡充を目指す同業に売却。

売り手企業

事業内容 コンサルティング
売上 約1億円
売却理由 ノンコア事業・子会社の売却

買い手企業

事業内容 コンサルティング
売上 非公開
買収目的 商品・サービスの拡充
スキーム 事業譲渡
概要 売り手企業である中小企業向けコンサルティング会社は、非中核事業であるITコンサルティング事業を切り離し、本業へ経営資源を集中することを検討していた。

買い手企業であるコンサルティング会社は、売却対象となったITコンサル事業の関連分野で幅広いコンサルティングサービスを提供していたが、同分野でのITコンサルティングは行っていなかった。
同社は、売却対象事業の買収により、顧客に対してワンストップサービスを提供できると判断し、買収を決断した。

このM&Aにより、売り手企業は、従業員のリストラの必要がなくなり、また、買い手企業は、少ない投下資金で、ITコンサルティング事業のノウハウ・顧客・人材を一括して獲得することができた。