• HOME >
  • 実績 >
  • 借入金の返済のため、業績のよい居酒屋店舗(売上:約8,000万円)を、外食業への進出を希望する食品小売り企業に売却。

借入金の返済のため、業績のよい居酒屋店舗(売上:約8,000万円)を、外食業への進出を希望する食品小売り企業に売却。

売り手企業

事業内容 外食
売上 約8,000万円
売却理由 ノンコア事業・子会社の売却 / 創業者利益の獲得

買い手企業

事業内容 食品小売
売上 約50億円
買収目的 新規事業の獲得
スキーム 事業譲渡
概要 売り手は、建設業と外食業を行っている会社で、外食部門は好調だったが、建設不況により借入金の返済が厳しくなってきており、利益が出ている和食居酒屋を売却し返済に回したいとのことで弊社に店舗売却の相談があった。

店舗は駅前にあったものの、地方ということもあり、当初なかなか有力な買い手が見つからなかった。
買い手候補の探索を続ける中で、地元で食品の小売りを営む中堅企業が、新規事業として外食への進出に興味を示し、外食事業の経営に意欲を持つ社員もいたため、本件居酒屋事業の買収を決断した。

買い手は、外食事業の経験がなかったため、M&A後一定期間は店舗名(ブランド)をそのまま残し、売り手をFC本部として買い手がFCに加盟する形で店舗を運営し、売り手にノウハウができた段階で、FCを離れ独自運営するという前提で譲渡が成立した。

M&A無料相談・お問い合わせ

  • 資料請求
  • 無料 企業価値算定サービス
ページTOPへ

Copyright(C)Integroup Inc. All rights reserved.