• HOME >
  • 実績 >
  • 事業の選択と集中のため、ASP事業(売上:約1億円)を、インターネット関連企業に事業譲渡

事業の選択と集中のため、ASP事業(売上:約1億円)を、インターネット関連企業に事業譲渡

売り手企業

事業内容 ソフトウェア開発
売上 約1億円
売却理由 ノンコア事業・子会社の売却 / 創業者利益の獲得

買い手企業

事業内容 ネット系IT企業
売上 数十億円
買収目的 商品・サービスの拡充
スキーム 事業譲渡
概要 売り手はある業界向けに特化した管理ソフトを開発・販売していたが、事業の選択と集中のため、一部のASP事業を売却し、譲渡対価を基幹事業の開発費用に充てたいとのことで、事業譲渡の相談があった。

買い手はインターネット関連サービスを提供しており、業績好調により、シナジーがある周辺事業の買収を希望していた。

本件は特定の業界において、クロスセリングによるシナジーが出るとの判断になり、将来の事業譲渡を前提にして、買い手が当該事業を運営受託することとなった。そして数ヵ月間の運営受託の後に、事業譲渡が実行された。

M&A無料相談・お問い合わせ

  • 資料請求
  • 無料 企業価値算定サービス
ページTOPへ

Copyright(C)Integroup Inc. All rights reserved.