• HOME >
  • 実績 >
  • 事業の選択と集中のため、老人ホーム事業(売上:約2億円)を規模拡大を目指す同業他社に売却。

事業の選択と集中のため、老人ホーム事業(売上:約2億円)を規模拡大を目指す同業他社に売却。

売り手企業

事業内容 老人ホームの運営
売上 約2億円
売却理由 別事業に集中するため

買い手企業

事業内容 介護事業
売上 非公表
買収目的 規模の拡大
スキーム 事業譲渡
概要 売り手企業は、首都圏にて老人ホームを運営しており、質の高いサービスで地域での評判も高く、安定した入居率を維持していた。しかし、売り手の社長は介護業界の人材難や今後の法改正を考慮し、老人ホームを1拠点のみで運営していくのは限界があると考え、規模の大きい同業に事業を譲渡して、自社は本業に特化することを決断した。
買い手企業は、同じエリアで複数の介護事業を展開する中堅介護会社で、地域的な親和性を考慮し、打診当初より本件に強い興味を示した。
最終的に、4社が条件を提示する人気の案件となったが、最も良い条件を提示した買い手が交渉権を獲得し、その後、行政の認可等の手続きを経て、無事譲渡が成立する運びとなった。

M&A無料相談・お問い合わせ

  • 資料請求
  • 無料 企業価値算定サービス
ページTOPへ

Copyright(C)Integroup Inc. All rights reserved.