• HOME >
  • 実績 >
  • 本業集中のため、ノンコア子会社の製麺会社(売上:約2億円)を、新商材の取得を目指す食品加工会社に売却。

本業集中のため、ノンコア子会社の製麺会社(売上:約2億円)を、新商材の取得を目指す食品加工会社に売却。

売り手企業

事業内容 製麺会社
売上 約2億円
売却理由 ノンコア事業・子会社の売却

買い手企業

事業内容 食品加工会社
売上 約100億円
買収目的 商品・サービスの拡充
スキーム 株式譲渡
概要 売却対象会社である製麺会社は、外食企業の子会社として、親会社向け食材の製造・販売や他社への製造・販売を行っていたが、近年、他社向けの販売が減少したことにより、工場の稼働率が低下していた。
この状況を受けて、親会社は、本業である外食業へ専念することとし、ノンコア事業である製麺会社の売却を決定した。

買い手企業である食品加工会社は、製麺工場を探していた。
同社は、検討の結果、売却対象会社の立地と設備にメリットがあると判断し、買収を決断した。

双方のニーズが一致していたため、交渉はスムーズに進み、5か月弱でクローズとなった。
売り手である親会社は、売却先が見つからない場合は、閉鎖も選択肢としていたことから、従業員の雇用が守られ、既存設備が活用されたという意味で、このM&Aの社会的意義は非常に高いものであった。

M&A無料相談・お問い合わせ

  • 資料請求
  • 無料 企業価値算定サービス
ページTOPへ

Copyright(C)Integroup Inc. All rights reserved.