• HOME >
  • 実績 >
  • 販売力強化のため、老舗アパレル卸(売上:約7億円)が、新商材の獲得を狙うアパレルメーカーと業務提携。

販売力強化のため、老舗アパレル卸(売上:約7億円)が、新商材の獲得を狙うアパレルメーカーと業務提携。

売り手企業

事業内容 アパレル卸
売上 約7億円
売却理由 先行き不安・業績不振

買い手企業

事業内容 アパレルメーカー・卸
売上 非公開
買収目的 商品・サービスの拡充
スキーム 業務提携
概要 アパレル卸売業A社は、長年の実績と知名度もつ老舗企業だったが、顧客である小売店の業績不振もあり、近年売上の減少に苦しんでおり、新たな販売チャネルの獲得を目指し、他社との資本業務提携を検討していた。

一方、衣料品製造・卸のB社は、提携先として、自社の販売チャネルにのせられる商材を持つ企業を探していた。

B社は、A社の仕入れルートの活用により取扱い商材の幅を広げることができ、A社もB社の販売チャネルや外注先工場の活用できる等、両社にとって、販売・仕入面でメリットが見いだされたため、販売・購買面での業務提携が実現した。

両社は、業務提携による効果を確認後、将来的には株式の相互持合い等の資本提携も視野に入れている。

M&A無料相談・お問い合わせ

  • 資料請求
  • 無料 企業価値算定サービス
ページTOPへ

Copyright(C)Integroup Inc. All rights reserved.