• HOME >
  • 実績 >
  • アパレルメーカーが、選択と集中により非中核のブランド事業(売上:約40億円)を、新ブランドの獲得を狙う同業に売却。

アパレルメーカーが、選択と集中により非中核のブランド事業(売上:約40億円)を、新ブランドの獲得を狙う同業に売却。

売り手企業

事業内容 アパレルメーカー
売上 約40億円
売却理由 ノンコア事業・子会社の売却

買い手企業

事業内容 アパレルメーカー
売上 非公開
買収目的 商品・サービスの拡充
スキーム 事業譲渡
概要 売り手企業であるアパレルメーカーは、保有している複数のブランドのうち、あるブランド事業の売上低迷に悩んでいた。
様々な改善案を検討したが、自社のリソースだけでは、売上を飛躍的に伸ばすことは困難と判断し、このブランドを他社に売却することを決断した。

買い手企業であるアパレルメーカーは、多数のブランドを保有し、マーケティング力・販売力に定評のある企業で、他社からブランドを買収し、自社で育成・強化することを経営戦略の一つとしていた。
同社は、売却対象のブランドのターゲット層が、自社の主要ターゲット層と重複せず、補完関係にあると判断し、買収を決定した。

売り手企業は、M&Aにより得た資金を、他の自社ブランドのマーケティングに回すことにより、経営の選択と集中が実現でき、買い手企業は、ブランドを一から立ち上げる時間を節約することができた。

M&A無料相談・お問い合わせ

  • 資料請求
  • 無料 企業価値算定サービス
ページTOPへ

Copyright(C)Integroup Inc. All rights reserved.