無料相談ダイヤル
秘密厳守いたします。
受付:24時間対応(年中無休)
  • HOME >
  • 実績一覧 >
  • 会社の更なる発展と成長を見据え、食品物流会社(売上:約3.5億円)を同業の大手グループへ譲渡

会社の更なる発展と成長を見据え、食品物流会社(売上:約3.5億円)を同業の大手グループへ譲渡

売り手企業

事業内容 食品物流
売上 約3.5億円
売却理由 社の成長・発展と長期的な後継者不在

買い手企業

事業内容 食品物流
売上 約500億円
買収目的 協力会社の内製化
スキーム 株式譲渡
概要 対象会社は九州地方で食品物流業を主業としており、主に温度管理が必要な食品の地場運行や食品工場の定期便運行を行っていた。
売主は、会社の存続・発展を考え、また長期的には後継者不在であることを理由に、シナジーがある買い手企業を探索することになった。

買い手企業は、対象会社と長年取引のある同業の大手グループで、対象会社や売主と既に信頼関係が構築されており、買収を前向きに検討した。
対象会社には、物流業界の2024年問題(労務管理)への対応や従業員の定着等の課題があったが、長年取引のある大手の傘下に入りそのリソースを使うことで、安心して事業に専念できることから、双方の意図が合致した。

長年取引関係があったこともあり円滑に交渉が進み、買い手からの意向表明書の提出から約3カ月でスムーズにM&Aが成立した。
売主は、当面は対象会社の社長として、買い手企業と共に会社の成長を目指すこととなった。