• HOME >
  • M&Aの基礎知識 >
  • M&Aの手法

M&Aの手法

M&Aの手法の分類

M&Aの手法は、大まかに以下のとおり分類されます。

ページTOPへ

株式譲渡

売り手企業の既存株主がその保有株式を買い手企業に譲渡し、買い手企業はその対価として現金を支払う手法です。

新株引受

新株引受とは、新規に発行される株式を引き受けることですが、新株引受のうちM&Aの手法となるのは、第三者割当増資です。
M&Aにおける第三者割当増資とは、発行企業(売り手)が既存株主以外に新株発行を行い、引受企業(買い手)がその払込を行う手法です。

株式交換・株式移転

売り手企業の既存株主がその保有株式を買い手企業に譲渡し、買い手企業はその対価として自社株式を割り当てる手法です。
既に存在している会社を完全親会社とするのが株式交換で、新たに完全親会社を設立するのが株式移転です。

事業譲渡

会社の事業部門や会社資産の一部又は全部を譲渡する手法です。

ページTOPへ

合併

2つ以上の会社を1つの法人格に統合する手法です。
1つの会社が他の会社を吸収し合併後も存続する“吸収合併”と、新たに設立した会社にすべてを統合し他の会社は消滅する“新設合併”があります。

会社分割

会社を複数の法人格に分割し、それぞれの法人格に組織・事業・資産を移転する手法です。
分割した事業を新たに設立した会社が引き継ぐ“新設分割”と、既存会社が引き継ぐ“吸収分割があります。
なお、会社法上は、分割した会社が分割後の会社の株式を取得する分社型分割のみを定めていますが、法人税法上では、分社型分割(物的分割)に加え、分割した会社の株主が分割後の会社の株式を取得する分割型分割(人的分割)が規定されています。

まずは無料相談へ

インテグループでは、自社に適したM&A手法を知りたい経営者様からの無料相談を受け付けています。
ご相談をいただいたからといって、無理な営業や強引な勧誘は一切いたしませんので、お気軽にお問い合わせください。
ご相談内容については、秘密を厳守いたします。

M&A無料相談・お問い合わせ

  • 資料請求
  • 無料 企業価値算定サービス
ページTOPへ

Copyright(C)Integroup Inc. All rights reserved.