売却可能性

中小企業でも譲渡は可能

「M&Aは、大企業だけのものじゃないの?」、「うちみたいな会社を買いたい企業なんかあるの?」等、自社の売却可能性に疑問を持っている経営者様は少なくありません。
自社を過少評価してしまい、売却するのは難しいと勝手に決めつけてしまっている経営者様もいらっしゃいます。

しかし、経営者様からみて高い価値が無いように思えても、買い手企業から高評価を受ける可能性があります。
小規模な会社、ニッチ業種、経営面での課題を抱えている会社でも、製品の潜在性、技術力、顧客基盤、ノウハウ、営業地域、従業員、業界・地域での知名度等、経営者様が見過ごしてしまっている価値が存在するかもしれず、売却できる可能性は十分あります。

売却可能性の自己査定は禁物

会社の売却可能性は、業界、企業規模、業績、財務内容、将来性、買い手企業の買収意欲、マーケットの環境等により様々で、実績とノウハウのある中小企業M&Aの専門家でなければ、その判定は困難です。

また買い手企業は同業とはもちろん限りません。予想もしていなかった異業種の会社が興味を持つことがよくあります。このあたりは、弊社のような中小規模のM&Aに特化したところでないとなかなか情報を持っていないのが実情です。
決してご自身だけでご判断せず、信頼できるM&A専門会社に相談されるのが良いと思います。

まずは無料相談へ

インテグループでは、自社の売却可能性を知りたい経営者様からの無料相談を受け付けています。
ご相談をいただいたからといって、無理な営業や強引な勧誘は一切いたしませんので、お気軽にお問い合わせください。
ご相談内容については、秘密を厳守いたします。

M&A無料相談・お問い合わせ

  • 資料請求
  • 無料 企業価値算定サービス
ページTOPへ

Copyright(C)Integroup Inc. All rights reserved.