ポイズンピル

ポイズンピルとは、敵対的買収時に、買い手の議決権割合が一定レベルに達した場合に、時価以下で新株を購入できる新株予約権を、予め既存株主に付与しておく仕組み。時価以下で大量に新株を発行することにより、買い手の議決権割合を引き下げる効果がある。
買収防衛策」のひとつ。

M&A無料相談・お問い合わせ

  • 資料請求
  • 無料 企業価値算定サービス
ページTOPへ

Copyright(C)Integroup Inc. All rights reserved.