リーマン方式

リーマン方式とは、M&Aの成功報酬の計算方法で、取引金額(株式譲渡金額、事業譲渡金額、増資金額等)に応じてパーセンテージを掛けて報酬を計算する。
通常は、取引金額が大きくなるに従いパーセンテージが下がる。
レーマン方式と呼ばれる時もあるが、元々はリーマン・ブラザーズが採用した報酬体系と言われており、リーマン方式が正しい。

M&A無料相談・お問い合わせ

  • 資料請求
  • 無料 企業価値算定サービス
ページTOPへ

Copyright(C)Integroup Inc. All rights reserved.