無料相談ダイヤル
秘密厳守いたします。
受付:24時間対応(年中無休)
  • HOME >
  • 実績 >
  • 会社の安定成長のため、福祉用具レンタル会社(売上:約14億円)を多角化を目指す異業種企業へ譲渡

会社の安定成長のため、福祉用具レンタル会社(売上:約14億円)を多角化を目指す異業種企業へ譲渡

売り手企業

事業内容 福祉用具レンタル
売上 14億円
売却理由 会社の安定成長

買い手企業

事業内容 電子部品の製造販売
売上 非公表
買収目的 多角化
スキーム 株式譲渡
概要 対象会社は、地場において福祉用具レンタル事業を営んでおり、直近の業績も堅調に推移していた。しかし、売り手社長は、資金面での制約から同業大手に比して利益率が低いことの解決策を模索しており、資金力を有する大手企業の傘下に入るべく会社売却を決断した。

買い手は、電子部品の製造販売を行う安定企業で豊富な資金力を有していたが、自社事業の国内市場の飽和に直面していた。その打開策として成長が見込まれる異業種への新規参入を検討しており、将来的な成長が見込まれる福祉用具レンタル会社の買収に興味を示した。

双方の協力のもとデューデリジェンス、契約書の調整等の手続きは順調に進み、スムーズに譲渡が成立した。

当該M&Aにより、買い手は将来の成長への足掛かりを得ることができ、また、売り手社長は対象企業の将来的な安定性を確保するとともに、相応の創業者利益を得ることとなった。