無料相談ダイヤル
秘密厳守いたします。
受付:24時間対応(年中無休)
  • HOME >
  • 実績 >
  • 業績不振からの再生を託すため、老舗の仕出し弁当会社(売上:約2億円)を、成長著しい同業ライバル企業へ売却。

業績不振からの再生を託すため、老舗の仕出し弁当会社(売上:約2億円)を、成長著しい同業ライバル企業へ売却。

売り手企業

事業内容 仕出し弁当の製造・販売
売上 約2億円
売却理由 後継者不在 / 先行き不安・業績不振

買い手企業

事業内容 仕出し弁当の製造・販売
売上 約6億円
買収目的 ライバル企業の買収
スキーム 株式譲渡
概要 売り手は老舗の仕出し弁当の製造・販売の会社で、大手企業を中心に高級仕出し弁当を提供しており、顧客から高い評価を得ていた。しかし、近年若干の赤字が続いており、将来的に後継者もいないことから弊社に売却の相談があった。

買い手は、同業でライバル企業でもあったが、インターネットを駆使した集客および効率的な配送に強みを持っていた。本件買収については、経営を統合することによって、集客手法を導入し、配送を効率化すれば十分再生可能と判断し、買収を希望した。

売り手は老舗であり知名度があったため、M&A後もブランドを残し、売り手社長も一定期間顧問として残留するとの条件で譲渡が成立した。そして、買収後の経営効率化により、現在は黒字化を達成し運営されている。

参考:宅配弁当業・仕出し弁当業のM&A・売却・事業譲渡