無料相談ダイヤル
秘密厳守いたします。
受付:24時間対応(年中無休)
  • HOME >
  • 実績一覧 >
  • 業務用食品卸の会社(売上:約80億円)の更なる発展と成長を見据え、ファンドが対象会社と同業の上場企業グループへ譲渡

業務用食品卸の会社(売上:約80億円)の更なる発展と成長を見据え、ファンドが対象会社と同業の上場企業グループへ譲渡

売り手企業

事業内容 業務用食品卸
売上 約80億円
売却理由 ファンドのエグジット

買い手企業

事業内容 食品卸
売上 約3000億円
買収目的 商品・サービスの拡充
スキーム 株式譲渡
概要 対象会社は中部地方で主に給食事業者への食品卸を主業としていて、主要株主はPEファンドであった。
対象会社は、コロナ禍で業績が下降傾向であったこと、近い将来に大きな設備投資をしなくてはならない状況で、シナジーがある買い手企業を探索することとなった。

買い手企業は、対象会社とも取引関係がある地元の上場企業グループで、買収を前向きに検討。
対象会社の強みである給食事業は買い手企業がほとんど手掛けられていないこともあり、また、売却の契機となった設備投資に関しても、買い手企業の設備を使用できれば投資が不要になることも判明し、双方の意向が合致した。
意向表明書の提出から約4カ月でM&Aが成立した。