無料相談ダイヤル
秘密厳守いたします。
受付:24時間対応(年中無休)
  • HOME >
  • 実績一覧 >
  • 事業の存続・発展を考えて、貸切観光バス会社(売上約1.2億円)を事業領域の拡大を目指す企業へ譲渡

事業の存続・発展を考えて、貸切観光バス会社(売上約1.2億円)を事業領域の拡大を目指す企業へ譲渡

売り手企業

事業内容 貸切観光バスの運営
売上 約1.2億円
売却理由 事業の存続及び発展のため

買い手企業

事業内容 旅行業・旅行業者代理業
売上 約4億円
買収目的 事業領域の拡大のため
スキーム 株式譲渡
概要 対象会社は、貸切観光バス事業を運営する企業で、業績は安定していた。
一方で、思ったような成長軌道は描けておらず、自社の更なる成長・発展を目指し、M&Aを決断した。

売主は、当初より、相乗効果が見込める同業とのM&Aを希望されており、同業者や旅行業者を中心に買手の探索を進めた。
途中、新型コロナウイルスの影響により、株価の調整があったものの、最終的に旅行業を営む企業が買い手候補として手を挙げた。

買い手は、旅行代理業や旅行ツアーの企画に強みをもつ企業であるものの、自社でバスは保有していなかった。
買い手としては、本件を遂行することで、旅行ツアーの企画からバスの手配までを一手に手掛けられるようになるため、相応の相乗効果があると判断し、M&Aを決断した。

新型コロナウイルスの影響があったものの、買手の探索を開始してから、約5か月ほどでの成約となった。