無料相談ダイヤル
秘密厳守いたします。
受付:24時間対応(年中無休)
  • HOME >
  • 実績 >
  • 営業力強化及び開発資金を得るため、ソフトウェア開発企業が資本業務提携(第三者割当増資と共同事業開発)を実施

営業力強化及び開発資金を得るため、ソフトウェア開発企業が資本業務提携(第三者割当増資と共同事業開発)を実施

売り手企業

事業内容 ソフトウェア開発
売上 約10億円
売却理由 会社の成長・発展

買い手企業

事業内容 電気通信工事
売上 約10億円
買収目的 新規事業の獲得
スキーム 資本業務提携(第三者割当増資と共同事業開発)
概要 対象企業は、ソフトウェア開発を手掛ける企業で、大手企業と直接取引し業界内で信用力のある企業であった。業績は右肩上がりで好調であったが、新規事業開発に伴い、営業力のある企業と共同事業開発を進めたいと弊社に提携先紹介の依頼があった。

多様な業種の営業力のある企業を中心に打診したところ、大手企業との取引実績や技術力が高く評価され、複数社が提携を希望した。
その中で、営業力があり、新規事業で売上拡大を目指す異業種の企業と対象企業の社長がトップ面談で意気投合し、面談から約1ヵ月という非常に短い期間で資本業務提携の成立に至った。
対象企業は、第三者割当増資及び事業開発契約で資金を得て、共同で新規事業を開発していくことになった。