無料相談ダイヤル
秘密厳守いたします。
受付:24時間対応(年中無休)
  • HOME >
  • 実績 >
  • 創業者の健康問題のため、グループホーム運営会社(売上:60百万円)を近隣の同業に売却。

創業者の健康問題のため、グループホーム運営会社(売上:60百万円)を近隣の同業に売却。

売り手企業

事業内容 グループホーム
売上 60百万円
売却理由 健康問題

買い手企業

事業内容 介護事業
売上 非公表
買収目的 規模の拡大
スキーム 株式譲渡
概要

売却対象会社は、2ユニットのグループホーム1棟を都内で運営する中小介護事業者。小規模ながら高品質のサービスにより地域での評判も高く、入居率も安定していた。しかし、創業オーナーに健康問題があり後継者が不在であるため、M&Aを決断した。


都内のグループホームの買収ニーズは非常に高く、本件も多くの買い手が手を上げる人気案件となり、最終的には3社から希望条件に合う意向表明が提示され、その中から面談時の印象が良かった1社を最終候補先として選定した。


買い手企業は、売却対象会社と同じ地域で複数の介護施設を運営しており、人繰り等のシナジーが見込まれため本件に強い意欲を示し、面談時においてもM&Aプロセスや従業員の雇用についての柔軟な対応をアピールすることで、上場介護企業等の競合するライバル買い手候補を抑えて、売り手からの指名を獲得した。


意向表明後は、売り手と買い手の柔軟かつ迅速な対応により、スムーズに手続きが進み、打診開始から3カ月強という早さでクロージングに至った。


当該M&Aにより、売り手の創業オーナーは安定した企業に事業を引渡して安心して引退することができ、買い手企業は重点地域でのシェア拡大を達成することができた。


介護M&A専門サイト

参考:グループホームのM&A・売却・事業譲渡