無料相談ダイヤル
秘密厳守いたします。
受付:24時間対応(年中無休)
  • HOME >
  • 実績 >
  • 健康不安のため、玩具の卸売会社(売上:約10億円)を投資会社に譲渡

健康不安のため、玩具の卸売会社(売上:約10億円)を投資会社に譲渡

売り手企業

事業内容 玩具の卸売会社
売上 約10億円
売却理由 健康上の理由

買い手企業

事業内容 投資事業
売上 非公開
買収目的 様々な卸売事業を展開するため
スキーム 株式譲渡
概要 対象会社は、玩具の卸売りが中心の企業で、安定した卸売り事業に加え、高い利益率を誇る製造事業を展開していた。安定した卸売り事業で一定の収益を確保し、自社で企画まで手掛けるヒット商品が出ると爆発的に売上、利益が向上する会社。

元々、売主に初めて会ったのは、3年半前。いつかの売却を視野に入れながらも対象会社の大ヒット商品のブームが終わりを迎えつつあった時期であった。すぐに売却活動に入ったわけではない。ヒット商品以外の安定した卸売り事業の割合を少しずつ拡大させ、自社企画商品を生み出しながら業績を向上させていって準備をした。

実際に売却活動を始めたのは9か月前。安定した玩具の卸売り事業はあるものの、対象会社は従業員数が少なく、自社企画商品のノウハウも社長に依存しがちであるとの評価を受けがちであった。

最終的な譲受企業は、卸売事業にノウハウを持つ投資会社。
役員は派遣するものの、創業社長の意欲もあり、健康面に問題がない限り、創業社長はそのまま社長を続投することになった。