無料相談ダイヤル
秘密厳守いたします。
受付:24時間対応(年中無休)
  • HOME >
  • 実績 >
  • 後継者不在のため、ホースと継手の加工販売の会社(売上:約2億円)を事業領域の拡大を目指す近接業種の大手企業に譲渡

後継者不在のため、ホースと継手の加工販売の会社(売上:約2億円)を事業領域の拡大を目指す近接業種の大手企業に譲渡

売り手企業

事業内容 ホースと継手の加工販売
売上 約2億円
売却理由 後継者不在のため

買い手企業

事業内容 機械設備
売上 約100億円
買収目的 事業領域の拡大
スキーム 株式譲渡
概要 対象会社は、ホースと継手の加工販売をする会社で、特定のホースメーカーだけでなく、主要メーカーの製品は一通り取り扱いが可能であり、地域でも名が通った老舗企業であった。社内に子息が勤務しているものの会社を継ぐ意思がないため、弊社にM&Aの相談があった。

近接業種の企業を中心に打診したところ、対象会社の顧客との長い取引関係、従業員の商品知識力が高く評価され、複数社が買収を希望した。

最終的に本件の買い手となったのは、事業領域の拡大を目指す機械設備の大手企業。元々対象会社とビジネス上の接点があったこともあり、買収により商品、従業員、顧客を取り込むことで、さらなる成長が期待できると考え、対象会社のオーナー社長の希望を上回る条件を提示した。

デューデリジェンスで一部問題が発覚したものの、買収後のメリットが問題点を上回ると買い手は判断し、面談から約2か月という短い期間で譲渡まで至った。