後継者不在 (事業承継、高齢、健康問題、ハッピーリタイア)

オーナー社長が高齢や健康不安により引退を考えていたが、親族内で適当な後継者がいなかったため(また他の従業員では会社を買い取る資金がなかったため)、第三者への売却により事業承継を実現したケースです。

後継者がいないため、化粧品輸入卸の会社(売上:約10億円)を投資会社に売却

事業の成長を加速するため、また、オーナーのアーリーリタイヤのため、セールスプロモーション会社(売上:約3億円)を事業の拡大を狙う同業他社に売却

高齢で後継者がおらず、歴史のある日本語学校(売上:5億円以下)を各種専門学校を運営する学校法人に譲渡

後継者がいないため生活雑貨の卸・小売会社(売上:約10億円)を規模の拡大を図る同業大手に売却。

自身の健康問題からマンション管理会社(売上:約1億円)を同業他社の買収で規模拡大を図る同業大手に売却。

コンサルティング会社(売上:約100億円)のオーナーのアーリーリタイヤに際して、経営陣がファンドとMBO

後継者がいないため、埼玉県の調剤薬局1店舗(売上:約2.5億円)を同業大手企業に売却。

自身の健康問題のため、グループホーム事業(売上:約1億円)を、その地域への進出を目指す介護会社に売却。

後継者不在の中、65歳で引退するため、美容室チェーン(売上:約1億円)を、規模拡大を目指す美容院・エステ・外食業を展開する複合企業に売却。

60歳で引退するため、消防設備点検・工事会社(売上:約1億円)を、消防設備サービスを内製化したいビルメンテナンス会社に売却。

高齢のため、医療機器商社(売上:約2億円)を、医療事業への進出を目指す商社へ売却。

社長が高齢のため、福祉用具レンタル事業(売上:約5,000万円)を、シェア拡大を狙う同業大手へ譲渡。

高齢及び健康不安のため、通訳・翻訳会社(売上:約10億円)を、専門サービスの取得を目指す人材派遣会社へ売却。

民事再生を前提として、プラスチック部品のメーカー(売上:約10億円)を、同業企業が買収。

業績不振からの再生を託すため、老舗の仕出し弁当会社(売上:約2億円)を、成長著しい同業ライバル企業へ売却。

創業社長亡き後奥様が経営していた製造業(売上:約2億円)を、技術力を高く評価した異業種の製造業へ売却。

高齢のため、システム開発会社(売上:約2億円)を、受託ビジネスへの進出を目指すエンジニア派遣会社へ売却。

高齢のため、共同出資会社である産業機器商社(売上:約40億円)の持分を、販売チャネルの強化を狙う事業パートナーへ売却。

引退して趣味に没頭したいオーナー社長が、電機部品メーカー(売上:約5億円)を、川上への進出を狙う電子部品商社に売却。

借入金の個人保証を解消するため、空調設備工事・人材派遣会社(売上:約6億円)を近接分野の会社に売却。

後継者不在のため、地域密着のタクシー会社(売上:約10億円)を、規模拡大を目指す県下最大手の同業に譲渡。

M&A無料相談・お問い合わせ

  • 資料請求
  • 無料 企業価値算定サービス
ページTOPへ

Copyright(C)Integroup Inc. All rights reserved.