先行き不安・業績不振 (救済型、事業再生、スポンサー探し)

今後の経営環境が不透明な中、現状の規模・ビジネスモデルで経営を続けていても経営の安定化・業績の向上が見込めないため売却にいたったケースです。 また、構造的に赤字が続き抜本的な事業・財務内容の立て直しが必要な環境下で、再生のためのスポンサーを探したケースも含みます。

資金繰りの改善のため、グループホーム1拠点(売上:約1億円)を同業大手に売却。

後継者がいないため、埼玉県の調剤薬局1店舗(売上:約2.5億円)を同業大手企業に売却。

民事再生を前提として、プラスチック部品のメーカー(売上:約10億円)を、同業企業が買収。

業績不振からの再生を託すため、老舗の仕出し弁当会社(売上:約2億円)を、成長著しい同業ライバル企業へ売却。

営業力強化のため、小規模システム開発会社(売上:約2億円)が、サービス拡充を目指す同業中堅と営業提携。

創業社長亡き後奥様が経営していた製造業(売上:約2億円)を、技術力を高く評価した異業種の製造業へ売却。

資金繰り難の解消のため、医療機器メーカー(売上:約40億円)が、周辺分野への進出を目指す同業からの出資を受け入れ。

販売力強化のため、老舗アパレル卸(売上:約7億円)が、新商材の獲得を狙うアパレルメーカーと業務提携。

赤字企業の再生を託すため、ネットメディア運営会社(売上:約1億円)を、新規事業の獲得を目指す投資会社に売却。

M&A無料相談・お問い合わせ

  • 資料請求
  • 無料 企業価値算定サービス
ページTOPへ

Copyright(C)Integroup Inc. All rights reserved.