新規事業の獲得 (新しい事業の柱を獲得、投資会社による買収)

本業では今後大きく成長することが難しい環境下において、新しい事業の柱を得るために、一から事業を立ち上げるのではなく、時間を買うという意味で新規事業を買収したケースです。投資会社・ファンドによる買収も含まれます。

後継者がいないため、化粧品輸入卸の会社(売上:約10億円)を投資会社に売却

出店を加速するために食品小売会社(売上:約5億円)の経営権を投資会社に譲渡

コンサルティング会社(売上:約100億円)のオーナーのアーリーリタイヤに際して、経営陣がファンドとMBO

セカンドライフに移行するため、障害者グループホーム事業(売上:約20百万円)を福祉事業への進出を目指す会社へ譲渡。

高齢のため、医療機器商社(売上:約2億円)を、医療事業への進出を目指す商社へ売却。

海外で起業するため、創業3年目のコンサルティング会社(売上:約2億円)を、事業多角化を進める投資会社に売却。

創業社長亡き後奥様が経営していた製造業(売上:約2億円)を、技術力を高く評価した異業種の製造業へ売却。

別事業に専念するため、都心の認可・認証外の保育園2園(売上:約5,000万円)を、新規事業獲得を目指す給食会社に売却。

借入金の返済のため、業績のよい居酒屋店舗(売上:約8,000万円)を、外食業への進出を希望する食品小売り企業に売却。

資金繰り難のため、ノンコア子会社の生活雑貨メーカー(売上:約15億円)を、多角化を進めるIT企業へ売却。

別の事業を始める資金を得るために、首都圏のゲストハウス運営会社(売上:約5,000万円)を、投資会社に売却。

成長加速のため、ネット系サービス会社(売上:約1億円)が、ベンチャーキャピタルから資金調達。

赤字企業の再生を託すため、ネットメディア運営会社(売上:約1億円)を、新規事業の獲得を目指す投資会社に売却。

M&A無料相談・お問い合わせ

  • 資料請求
  • 無料 企業価値算定サービス
ページTOPへ

Copyright(C)Integroup Inc. All rights reserved.