会社の成長・発展 (従業員・取引先のことを考えて)

今後の会社の成長・発展、従業員の幸せ、取引先ためには、単独で経営を続けるよりも、相乗効果があり資金力のある会社の傘下に入った方が良いとオーナー社長が考え、売却を決断したケースです。 事業提携や投資会社から成長のための資金を得て、株式の一部を保有してもらうケースも含みます。

会社の安定成長のため、サ高住・デイサービス運営会社(売上:約4億円)を同地域への進出を目指す同業他社に売却。

後継者がいないため、化粧品輸入卸の会社(売上:約10億円)を投資会社に売却

事業の成長を加速するため、また、オーナーのアーリーリタイヤのため、セールスプロモーション会社(売上:約3億円)を事業の拡大を狙う同業他社に売却

後継者がいないため生活雑貨の卸・小売会社(売上:約10億円)を規模の拡大を図る同業大手に売却。

事業の成長を加速させるためネット広告事業(売上:約1億円)を新サービスの拡充を狙うEマーケティング会社(上場企業)に売却。

出店を加速するために食品小売会社(売上:約5億円)の経営権を投資会社に譲渡

事業の発展と従業員の雇用の安定のため、不動産管理事業(売上:約4億円)を規模拡大を狙う同業他社に売却。

会社の発展を目指して、社長のまま残る形で、ビジネスプロセスアウトソーシング会社を上場企業に株式譲渡。

別事業に専念するため、ビルメン・警備・マンション管理会社(売上:約6億円)を、同業界でロールアップ戦略を進める投資会社へ売却。

経営基盤、信用力の向上のため、セールスプロモーション企画会社(売上:約7億円)を投資会社に売却。

海外で起業するため、創業3年目のコンサルティング会社(売上:約2億円)を、事業多角化を進める投資会社に売却。

販売力強化のため、アパレルメーカー(売上:約30億円)が、新商材の取得を目指す雑貨メーカーと業務提携。

開発資金確保のため、システム開発会社(売上:約15億円)が、周辺分野への進出を目指すIT企業からの出資を受け入れ。

成長を加速するため、ITベンチャー(売上:約1億円)が、周辺分野への進出を狙うネット系企業から資金調達。

成長資金を調達するため、ゲーム製作会社(売上:約1億円)が、サービスの拡充を狙う中堅ゲーム会社から出資を受け入れ。

成長加速のため、システム開発会社(売上:約13億円)が、周辺分野への進出を目指すIT企業から資金調達。

異業種に転身するため、出張手配に特化した旅行代理店(売上:約20億円)を、サービス拡充を狙う上場企業に売却。

ノンコア子会社の旅行代理店(売上:約10億円)を、サービス拡充を目指す上場コンサルティング会社に売却。

成長加速のため、ネット系サービス会社(売上:約1億円)が、ベンチャーキャピタルから資金調達。

出店資金を確保するため、アパレル小売(売上:約15億円)が、販売チャネル強化を狙うアパレルメーカーから資金調達。

開発資金確保のため、システム開発会社(売上:約10億円)が、関連分野への進出を狙う同業他社からの出資を受け入れ。

M&A無料相談・お問い合わせ

  • 資料請求
  • 無料 企業価値算定サービス
ページTOPへ

Copyright(C)Integroup Inc. All rights reserved.