創業者利益の獲得 (資金を得て別事業へ挑戦、アーリーリタイア)

一旦会社を売却することによって資金を得て別の事業に注力したり、またはアーリーリタイアを実現したオーナー社長のケースです。

後継者がいないため、化粧品輸入卸の会社(売上:約10億円)を投資会社に売却

アーリーリタイアのためグループホーム・老人ホーム運営会社(売上:約3億円)を、周辺サービスへの進出を狙う介護会社に売却。

事業の成長を加速するため、また、オーナーのアーリーリタイヤのため、セールスプロモーション会社(売上:約3億円)を事業の拡大を狙う同業他社に売却

コンサルティング会社(売上:約100億円)のオーナーのアーリーリタイヤに際して、経営陣がファンドとMBO

セカンドライフに移行するため、障害者グループホーム事業(売上:約20百万円)を福祉事業への進出を目指す会社へ譲渡。

第2の人生を歩むため、ケータリング会社(売上:約2億円)を新商材獲得を狙う宅配弁当会社に売却。

家族の健康問題のため、倉庫会社(売上:約1億円)を、規模のメリットの獲得を狙う運送・倉庫会社に売却。

事業の選択と集中のため、ASP事業(売上:約1億円)を、インターネット関連企業に事業譲渡

別事業に専念するため、ビルメン・警備・マンション管理会社(売上:約6億円)を、同業界でロールアップ戦略を進める投資会社へ売却。

経営基盤、信用力の向上のため、セールスプロモーション企画会社(売上:約7億円)を投資会社に売却。

別事業へ挑戦するため、雑貨のファブレスメーカー(売上:約3億円)を女性向けファッション雑誌の出版社に譲渡。

海外で起業するため、創業3年目のコンサルティング会社(売上:約2億円)を、事業多角化を進める投資会社に売却。

家族との時間を大切にするため、アーリーリタイア。葬儀会社(売上:約3億円)を、規模拡大を目指す同業大手に売却。

引退して海外に移住するため、インフラ関連メーカー(売上:約10億円)を、顧客基盤の獲得を目指す機械メーカーに売却。

事業の選択と集中のため、居酒屋5店舗(売上:約3億円)を、外食事業の規模拡大を目指す人材派遣会社に売却。

別事業に専念するため、都心の認可・認証外の保育園2園(売上:約5,000万円)を、新規事業獲得を目指す給食会社に売却。

借入金の返済のため、業績のよい居酒屋店舗(売上:約8,000万円)を、外食業への進出を希望する食品小売り企業に売却。

引退したオーナーが、パッケージソフト開発会社(売上:約30億円)を、現経営陣に売却。(MBO)

海外で起業するため、エンジニア派遣会社(売上:約4億円)を、事業領域拡大を狙う空調設備保守会社へ売却。

選択と集中のため、医療系ポータルサイト事業(売上:約5,000万円)を、関連分野進出を目指す医療系ソフト会社に譲渡。

異業種に転身するため、出張手配に特化した旅行代理店(売上:約20億円)を、サービス拡充を狙う上場企業に売却。

アーリーリタイアで人生をリセットするため、40代のオーナー社長が、運送会社(売上:約5億円)を業容拡大を目指す同業に譲渡。

一部株主の株式売却希望に対応するため、人材サービス会社(売上:約5億円)が、周辺分野への進出を狙う同業と資本提携。

借入金の個人保証を解消するため、空調設備工事・人材派遣会社(売上:約6億円)を近接分野の会社に売却。

別の事業を始める資金を得るために、首都圏のゲストハウス運営会社(売上:約5,000万円)を、投資会社に売却。

健康不安から40代でアーリーリタイアするため、化学メーカー(売上:約4億円)を、事業領域拡大を目指す人材派遣会社へ売却。

経営責任から解放されたいオーナー社長が、福祉用具レンタル会社(売上:約3億円)を、シェア拡大を目指す同業に売却。

学校設立の夢を実現するため、エステ会社(売上:約3億円)を、新サービス獲得を狙う化粧品会社に売却。

M&A無料相談・お問い合わせ

  • 資料請求
  • 無料 企業価値算定サービス
ページTOPへ

Copyright(C)Integroup Inc. All rights reserved.