実績一覧

以下は過去に弊社にご依頼をいただき、M&Aの成立にいたった実績の一部です。

会社の安定成長のため、サ高住・デイサービス運営会社(売上:約4億円)を同地域への進出を目指す同業他社に売却。

後継者がいないため、化粧品輸入卸の会社(売上:約10億円)を投資会社に売却

資金繰りの改善のため、グループホーム1拠点(売上:約1億円)を同業大手に売却。

事業の選択と集中のため、福祉用具レンタル事業(売上:約1億円)を規模拡大を目指す同業大手に売却。

アーリーリタイアのためグループホーム・老人ホーム運営会社(売上:約3億円)を、周辺サービスへの進出を狙う介護会社に売却。

事業の成長を加速するため、また、オーナーのアーリーリタイヤのため、セールスプロモーション会社(売上:約3億円)を事業の拡大を狙う同業他社に売却

高齢で後継者がおらず、歴史のある日本語学校(売上:5億円以下)を各種専門学校を運営する学校法人に譲渡

後継者がいないため生活雑貨の卸・小売会社(売上:約10億円)を規模の拡大を図る同業大手に売却。

自身の健康問題からマンション管理会社(売上:約1億円)を同業他社の買収で規模拡大を図る同業大手に売却。

事業の成長を加速させるためネット広告事業(売上:約1億円)を新サービスの拡充を狙うEマーケティング会社(上場企業)に売却。

出店を加速するために食品小売会社(売上:約5億円)の経営権を投資会社に譲渡

事業の発展と従業員の雇用の安定のため、不動産管理事業(売上:約4億円)を規模拡大を狙う同業他社に売却。

事業の選択と集中のため、老人ホーム事業(売上:約2億円)を規模拡大を目指す同業他社に売却。

事業の選択と集中のため、グループホーム事業(売上:約1億円)を、その地域への進出を目指す介護会社に売却。

コンサルティング会社(売上:約100億円)のオーナーのアーリーリタイヤに際して、経営陣がファンドとMBO

セカンドライフに移行するため、障害者グループホーム事業(売上:約20百万円)を福祉事業への進出を目指す会社へ譲渡。

第2の人生を歩むため、ケータリング会社(売上:約2億円)を新商材獲得を狙う宅配弁当会社に売却。

本業に専念するため調剤薬局1店舗(売上:約80百万円)を、同地域での出店を狙う同業大手に売却。

会社の発展を目指して、社長のまま残る形で、ビジネスプロセスアウトソーシング会社を上場企業に株式譲渡。

事業の選択と集中のため、グループ会社であるプリント基板製造メーカー(売上:約8億円)を、経営陣に売却。

2  3  4

M&A無料相談・お問い合わせ

  • 資料請求
  • 無料 企業価値算定サービス
ページTOPへ

Copyright(C)Integroup Inc. All rights reserved.