川上・川下への垂直統合 (仕入先または販売先を買収し利益を取り込む)

仕入先・外注先(川上)または販売先(川下)を買収し、業界内部での支配力を強め、商品の仕入れ先または販売先の利益を自社グループ内に取り込むことに成功したケースです。

高齢のため、共同出資会社である産業機器商社(売上:約40億円)の持分を、販売チャネルの強化を狙う事業パートナーへ売却。

引退して趣味に没頭したいオーナー社長が、電機部品メーカー(売上:約5億円)を、川上への進出を狙う電子部品商社に売却。

出店資金を確保するため、アパレル小売(売上:約15億円)が、販売チャネル強化を狙うアパレルメーカーから資金調達。

M&A無料相談・お問い合わせ

  • 資料請求
  • 無料 企業価値算定サービス
ページTOPへ

Copyright(C)Integroup Inc. All rights reserved.