周辺分野への進出 (シナジー創出と事業多角化の両立)

「商品・サービス」や「市場・顧客」が若干異なる会社を買収し、周辺分野に進出してゆるやかなシナジー(相乗効果)を出しながら、事業の多角化を実現したケースです。

アーリーリタイアのためグループホーム・老人ホーム運営会社(売上:約3億円)を、周辺サービスへの進出を狙う介護会社に売却。

会社の発展を目指して、社長のまま残る形で、ビジネスプロセスアウトソーシング会社を上場企業に株式譲渡。

経営基盤、信用力の向上のため、セールスプロモーション企画会社(売上:約7億円)を投資会社に売却。

別事業へ挑戦するため、雑貨のファブレスメーカー(売上:約3億円)を女性向けファッション雑誌の出版社に譲渡。

民事再生を前提として、プラスチック部品のメーカー(売上:約10億円)を、同業企業が買収。

開発資金確保のため、システム開発会社(売上:約15億円)が、周辺分野への進出を目指すIT企業からの出資を受け入れ。

成長を加速するため、ITベンチャー(売上:約1億円)が、周辺分野への進出を狙うネット系企業から資金調達。

資金繰り難の解消のため、医療機器メーカー(売上:約40億円)が、周辺分野への進出を目指す同業からの出資を受け入れ。

引退して海外に移住するため、インフラ関連メーカー(売上:約10億円)を、顧客基盤の獲得を目指す機械メーカーに売却。

海外で起業するため、エンジニア派遣会社(売上:約4億円)を、事業領域拡大を狙う空調設備保守会社へ売却。

成長加速のため、システム開発会社(売上:約13億円)が、周辺分野への進出を目指すIT企業から資金調達。

選択と集中のため、医療系ポータルサイト事業(売上:約5,000万円)を、関連分野進出を目指す医療系ソフト会社に譲渡。

一部株主の株式売却希望に対応するため、人材サービス会社(売上:約5億円)が、周辺分野への進出を狙う同業と資本提携。

借入金の個人保証を解消するため、空調設備工事・人材派遣会社(売上:約6億円)を近接分野の会社に売却。

健康不安から40代でアーリーリタイアするため、化学メーカー(売上:約4億円)を、事業領域拡大を目指す人材派遣会社へ売却。

M&A無料相談・お問い合わせ

  • 資料請求
  • 無料 企業価値算定サービス
ページTOPへ

Copyright(C)Integroup Inc. All rights reserved.