商品・サービスの拡充 (商品ラインナップの拡充、クロスセリング)

自社の既存顧客に提供できる商品・サービスを持つ会社を買収し、商品ラインナップの拡充を実現したケースです。自社と買収対象会社のお互いの商品・サービスをそれぞれの相手方の顧客に提供する、いわゆるクロスセリングが実現したケースもあります。

高齢で後継者がおらず、歴史のある日本語学校(売上:5億円以下)を各種専門学校を運営する学校法人に譲渡

事業の成長を加速させるためネット広告事業(売上:約1億円)を新サービスの拡充を狙うEマーケティング会社(上場企業)に売却。

第2の人生を歩むため、ケータリング会社(売上:約2億円)を新商材獲得を狙う宅配弁当会社に売却。

事業の選択と集中のため、ASP事業(売上:約1億円)を、インターネット関連企業に事業譲渡

60歳で引退するため、消防設備点検・工事会社(売上:約1億円)を、消防設備サービスを内製化したいビルメンテナンス会社に売却。

高齢及び健康不安のため、通訳・翻訳会社(売上:約10億円)を、専門サービスの取得を目指す人材派遣会社へ売却。

販売力強化のため、アパレルメーカー(売上:約30億円)が、新商材の取得を目指す雑貨メーカーと業務提携。

本業集中のため、ノンコア子会社の製麺会社(売上:約2億円)を、新商材の取得を目指す食品加工会社に売却。

営業力強化のため、小規模システム開発会社(売上:約2億円)が、サービス拡充を目指す同業中堅と営業提携。

高齢のため、システム開発会社(売上:約2億円)を、受託ビジネスへの進出を目指すエンジニア派遣会社へ売却。

成長資金を調達するため、ゲーム製作会社(売上:約1億円)が、サービスの拡充を狙う中堅ゲーム会社から出資を受け入れ。

販売力強化のため、老舗アパレル卸(売上:約7億円)が、新商材の獲得を狙うアパレルメーカーと業務提携。

異業種に転身するため、出張手配に特化した旅行代理店(売上:約20億円)を、サービス拡充を狙う上場企業に売却。

本業に集中するため、非中核のITコンサル事業(売上:約1億円)を、サービス拡充を目指す同業に売却。

ノンコア子会社の旅行代理店(売上:約10億円)を、サービス拡充を目指す上場コンサルティング会社に売却。

アパレルメーカーが、選択と集中により非中核のブランド事業(売上:約40億円)を、新ブランドの獲得を狙う同業に売却。

学校設立の夢を実現するため、エステ会社(売上:約3億円)を、新サービス獲得を狙う化粧品会社に売却。

開発資金確保のため、システム開発会社(売上:約10億円)が、関連分野への進出を狙う同業他社からの出資を受け入れ。

M&A無料相談・お問い合わせ

  • 資料請求
  • 無料 企業価値算定サービス
ページTOPへ

Copyright(C)Integroup Inc. All rights reserved.