ライバル企業の買収 (同業競合先との統合による経営効率化)

同業で営業上の競合先となっている会社と経営統合し、経営の効率化を実現したケースです。

会社の安定成長のため、サ高住・デイサービス運営会社(売上:約4億円)を同地域への進出を目指す同業他社に売却。

資金繰りの改善のため、グループホーム1拠点(売上:約1億円)を同業大手に売却。

自身の健康問題からマンション管理会社(売上:約1億円)を同業他社の買収で規模拡大を図る同業大手に売却。

事業の発展と従業員の雇用の安定のため、不動産管理事業(売上:約4億円)を規模拡大を狙う同業他社に売却。

事業の選択と集中のため、老人ホーム事業(売上:約2億円)を規模拡大を目指す同業他社に売却。

社長が高齢のため、福祉用具レンタル事業(売上:約5,000万円)を、シェア拡大を狙う同業大手へ譲渡。

業績不振からの再生を託すため、老舗の仕出し弁当会社(売上:約2億円)を、成長著しい同業ライバル企業へ売却。

経営責任から解放されたいオーナー社長が、福祉用具レンタル会社(売上:約3億円)を、シェア拡大を目指す同業に売却。

M&A無料相談・お問い合わせ

  • 資料請求
  • 無料 企業価値算定サービス
ページTOPへ

Copyright(C)Integroup Inc. All rights reserved.