• HOME >
  • 事業内容 >
  • 企業価値評価

企業価値評価

企業価値評価とは

M&Aの際に焦点となるのが、譲渡価格の決定です。
譲渡価格は、基本的には、譲渡側と買収側の交渉により決定するものですが、その交渉の出発点として第三者による評価が求められることがあります。
また、増資による資金調達、経営者による株式の買い取り、他社との合併、ストックオプションの行使価格の決定、相続税対策の際にも、企業価値の評価が必要となります。

企業価値の評価方法

企業価値の評価方法には、時価純資産法、類似会社比準法、DCF法等があります。どの評価方法が適切かは、その企業の業種、規模、上場・非上場の別等により異なるため、状況により使い分ける必要があります。

インテグループの企業価値評価の特徴

① 中小企業の企業価値評価に特化

インテグループは、中小企業に特化しており、中小企業の企業価値評価について、多くの事例とノウハウを有しています。

② 中小企業M&Aの実態を熟知した公認会計士が対応

弊社の企業価値評価は、中小企業M&Aのアドバイザーとして、多数の成約実績を有する公認会計士が担当いたします。
そのため、単なる机上の計算に終わらない、各業界のM&A動向、会社の状況、M&Aマーケットの趨勢等を勘案した、実態に即した企業価値評価が可能です。

③迅速・フレキシブルな対応

緊急を要するものや短納期のご依頼にも対応可能です。資料開示から1週間以内に、レポートを提出いたします。

④リーズナブルな料金体系

企業価値の算定は、原則として1社当たり50万円(税別)で行っております。

企業価値評価の実績

インテグループが実施した企業価値評価の実績の一部です。

①売り手・資金の受け入れ側から依頼されたケース

評価対象企業の業種 企業価値評価の目的
システム開発会社 増資による資金調達
アパレル小売 増資による資金調達
ネットコンテンツ制作会社 増資による資金調達
ゲーム開発会社 買い手との交渉
アパレルメーカー 買い手との交渉
人材サービス会社 会社売却の検討
ゲーム開発会社 会社売却の検討

 

②買い手・資金の出し手側から依頼されたケース

評価対象企業の業種 企業価値評価の目的
商社 買収対象会社の評価
エレクトロニクスメーカー 買収対象会社の評価
システム開発会社 経営者による株式の買い取り
システム開発会社 経営者による株式の買い取り
システム開発会社 経営者による株式の買い取り
コンサルティング会社 経営者による株式の買い取り

 

③その他のケース

評価対象企業の業種 企業価値評価の目的
ネット通販会社 ストックオプションの行使価格の決定
会計サービス会社 ストックオプションの行使価格決の定
ページTOPへ

まずは無料相談へ

インテグループでは、企業価値評価を検討中の経営者様からの無料相談を受け付けています。
ご相談をいただいたからといって、無理な営業や強引な勧誘は一切いたしませんので、お気軽にお問い合わせください。
ご相談内容については、秘密を厳守いたします。

M&A無料相談・お問い合わせ

  • 資料請求
  • 無料 企業価値算定サービス
ページTOPへ

Copyright(C)Integroup Inc. All rights reserved.