システム開発会社のM&A

このようなお悩み・ご希望はありませんか?

●競争激化・開発のオフショア化により、受注単価・単金の下落が続いている。
●大手SIが外注先の選別を進めており、小規模なままでは取引先として残れない。
●高齢だが、後継者がいない
健康問題のため早く引退したい。
●仕事はあるが、会社の知名度が低いため、優秀なエンジニアが確保できない
●会社は好調だが、アーリーリタイアしたい。
●組込み系の仕事が減少しているため、別分野にシフトしたいが、営業チャネルがない。
●受託開発型から運用受託やクラウド型へのビジネスモデル転換を検討しているが、自力では難しい。
●会社の安定成長のため、資金力・組織力のある大手システム開発会社の傘下に入りたい
事業の選択と集中を進めるため、受託開発部門を売却し、別事業に特化したい。

⇒このようなお悩み・ご希望は、M&Aにより解決可能です。

システム開発業界におけるM&Aの現況

プロジェクトの内製化、オフショア開発の影響等で、国内の投資案件が急減し、開発単価も低下傾向にあり、システム開発業界は大変厳しい状況にあります。

このような環境下で、メーカー向けの組込み系案件から、比較的堅調な金融機関向けの案件へのシフトを目指す会社や、景気の影響を受けやすい従来の受託開発ではなく、安定収益が見込まれる運用受託やクラウド等のビジネスモデルへの転換を志向する会社が増えています。

また、最終ユーザーや、大手SIなどの元請けは、外注先(システム開発会社)の選別を進めており、小規模な独立系のシステム開発会社が既存の取引先を維持できないケースが増えています。そのため、多くの中堅・中小のシステム開発会社は、大手の傘下入りや他社買収による「選ばれるための規模拡大」を模索するなど、生き残りをかけた業界再編が進んでいます。

さらに、過去のシステム開発業界の急成長期に起業した創業者が、引退の年齢を迎えており、後継者問題・事業承継問題を解決するためのM&Aも増加傾向にあります。

M&Aのメリット

システム開発会社のM&A・売却・譲渡は、売り手と買い手の双方にとって、以下のようなメリットがあります。

売り手のメリット
●従業員の雇用を維持できる
●後継者問題が解消する
●有力なグループの傘下で、安定的・効率的な事業経営ができる
●創業者利益を獲得できる
●借入金の個人保証や担保を解消できる

買い手のメリット
●経験豊富なコンサルタント・エンジニアを一括で確保できる
●事業基盤の拡大によりスケールメリットを享受できる

インテグループの強み

弊社には、以下のような強みがあります。
この強みを活かして、経営者様のご希望に沿ったM&Aを実現いたします。

1.お客様にリスクのない完全成功報酬制
弊社は、着手金、中間金等がなく、成功報酬のみでM&Aを支援いたします。
M&Aが成立しなければ手数料は一切発生しないため、お客様にとってリスクがありません。

2.中堅・中小企業のM&Aに特化
弊社は、銀行、証券会社、他の仲介会社が取り組まない中小規模のM&Aに特化しております。
一般的なシステム開発会社であれば、売上3億円程度、エンジニア30名程度の規模から支援可能です。また、医療・金融業界等特定の専門分野に特化しているシステム開発会社であれば、さらに小規模でも支援が可能です。

3.専門性
社内には成約件数が日本でトップクラスのコンサルタントおよび会計士、弁護士等の専門家がおり、財務、法務等M&Aに関わるあらゆる問題に迅速に対応できます。
また、システム開発業界に精通した専属コンサルタントが担当いたします。

4.ベストの相手先を紹介できる情報力
システム開発会社のM&A・売却・譲渡の支援実績が豊富で、大手・中堅システム会社等の有力な買い手ネットワークを有しているため、ベストの相手先の紹介が可能です。

システム開発業界におけるM&A事例紹介

システム開発業界の過去の主要なM&Aは、以下のとおりです。

時期 売り手 買い手 スキーム
2014年 コスモシステムズ イーエムシステムズ 株式譲渡
2014年 パイオニアソリューションズ ブイキューブ 株式譲渡
2013年 シムコ 研電 株式譲渡
2013年 日本総合研究所 伊藤忠テクノソリューションズ 事業譲渡
2012年 ソラン北陸 クレスコ 株式譲渡
2012年 アスカ・クリエイション アウトソーシング 株式譲渡
2011年 アイコムシステック 協和エクシオ 株式譲渡
2011年 エル・エス・アイ・ジャパン ピー・シー・エー 事業譲渡
2010年 ティ・エム・ソル エス・エー・エス 株式譲渡
2010年 キャッツ NTTデータMSE 株式譲渡
2009年 カテナ システムプロ 合併
2009年 エックスネット NTTデータ TOB
2008年 マックシステム ピー・シー・エー 株式譲渡

インテグループの成約実績

事業の選択と集中のため、将来の譲渡を前提にASP事業(売上約1億円)を、インターネット関連企業に運営委託。
開発資金確保のため、システム開発会社(売上:約15億円)が、周辺分野への進出を目指すIT企業からの出資を受け入れ。
営業力強化のため、小規模システム開発会社(売上:約2億円)が、サービス拡充を目指す同業中堅と営業提携。
高齢のため、システム開発会社(売上高:約2億円)を、受託ビジネスへの進出を目指すエンジニア派遣会社へ売却。
引退したオーナーが、パッケージソフト開発会社(売上:約30億円)を、現経営陣に売却。(MBO)
成長加速のため、システム開発会社(売上規模:約13億円)が、周辺分野への進出を目指すIT企業から資金調達。
選択と集中のため、医療系ポータルサイト事業(売上:約5,000万円)を、関連分野進出を目指す医療系ソフト会社に譲渡。
開発資金確保のため、システム開発会社(売上:約10億円)が、関連分野への進出を狙う同業他社からの出資を受け入れ。

システム開発のM&Aニュース

2016.11.04 大日本商事が図書館セキュリティ事業を譲り受け
2016.08.29 トーホーがソフトウェア開発会社を買収
2016.08.09 パナソニックがソフトウェア開発会社を買収
2016.05.18 アジュバンコスメジャパンが美容業界向けシステム会社を買収
2016.05.17 IT HDがタイのITベンダーを子会社化
2016.03.08 TDCソフトウェアエンジニアリングがシステム開発会社を買収
2016.03.07 ソフトフロントが筆まめを子会社化
2016.02.29 カヤックがアプリ開発会社を買収
2016.01.21 ASJがERPコンサル会社を買収
2015.12.21 日立ソリューションズが米国のシステム会社を買収

最新のシステム開発会社の買収希望情報

2015.11.09 ITベンダー/パッケージベンダー 首都圏 売上3億円から5億円 予算数億円
2015.11.04 ソフトウェア/セキュリティー 関東 売上2億円前後を検討 予算2億円
2015.09.30 アプリ/SNS 1日1万人以上の利用で検討 予算10億円
2015.06.24 アプリ開発(iOS/アンドロイド) 関東 予算10億円
2015.06.15 ソフトウェアテスト 全国 売上数億円から検討 予算25億円
2015.05.20 システム/アプリ開発 関東 営業利益数千万から検討 数億円
2015.04.27 システム開発 関東/関西 売上20億円まで検討 予算5億円
2015.03.19 システム開発 全国 売上10億円から検討 予算10億円
2015.03.04 システム開発 首都圏 売上3億円まで 予算2億円
2015.02.18 システム開発/SES/エンジニア派遣 売上2億円以上 予算50百万円

まずは無料相談へ

インテグループでは、システム開発会社の売却・買収を検討中の経営者様からの無料相談を受け付けています。
ご相談をいただいたからといって、無理な営業や強引な勧誘は一切いたしませんので、お気軽にお問い合わせください。
ご相談内容については、秘密を厳守いたします。

M&A無料相談・お問い合わせ

  • 資料請求
  • 無料 企業価値算定サービス
ページTOPへ

Copyright(C)Integroup Inc. All rights reserved.