化学メーカーのM&A

このようなお悩み・ご希望はありませんか?

●高齢だが、後継者がいない
健康問題のため早く引退したい。
●会社は好調だが、アーリーリタイアしたい。
●競争激化により、受注単価下落が続いている。
●取引先が外注先の選別を進めており、小規模なままでは取引先として残れない。
●アジアを中心とした海外生産の動きに対応したいが、単独での対応は困難。
●仕事はあるが、会社の知名度が低いため、優秀な人材が確保できない
●会社の安定成長のため、資金力・組織力のある大手企業の傘下に入りたい
事業の選択と集中を進めるため、化学工場・子会社を売却したい。

⇒このようなお悩み・ご希望は、M&Aにより解決可能です。

化学メーカーのM&Aの現況

化学業界は、石油化学品(合成樹脂、合成繊維原料、合成ゴム)メーカー、ファインケミカル(電子材料、医薬中間体、化粧品材料ファインケミカル)メーカー、受託生産会社、受託合成会社、受託研究会社、化学品卸・専門商社等、多様な業態から構成されており、その市場規模は、石油化学だけで出荷額が8兆円を超えるなど、一大産業となっています。
しかし、1990年代以降、国内需要は伸び悩んでおり、また、中国を中心としたアジア諸国の安価な製品に押されて、汎用品の収益率は低下傾向が続いています。
このような環境下で、1990年代には、工場の統廃合、同業他社との資本業務提携、高度成長期の過剰投資の処理等、業界再編が進展しました。

化学業界では、今後は、更なるコスト削減のため、スケールメリットを求めて、M&Aによる業界再編がさらに進むと考えられています。

また、環境問題への配慮から、都心近郊で新たな化学工場を建設することが難しくなっており、新規に工場を建設するのではなく、好立地に工場を持つ中小化学会社を買収する戦略を採用する大手化学会社も出てきており、生産拠点を確保するためのM&Aも増えると考えられています。

さらに、近年では、石油等の原料高騰が化学メーカーの収益を圧迫しており、大手化学品メーカーを中心に、バイオ原料、半導体・液晶向けの電子材料等、より高付加価値のハイテク素材へのシフトが加速しており、このような高付加価値製品について技術・ノウハウ・特許を有する中小企業に対する買収ニーズも高まってきています。

M&Aのメリット

化学メーカー・化学工場のM&A・売却・譲渡は、売り手と買い手の双方にとって、以下のようなメリットがあります。

売り手のメリット
●従業員の雇用を維持できる
●後継者問題が解消する
●有力なグループの傘下で、安定的・効率的な事業経営ができる
●創業者利益を獲得できる
●借入金の個人保証や担保を解消できる

買い手のメリット
●高付加価値製品についての技術・ノウハウ・特許を取得できる
●専門知識・経験を有する人材を一括で確保できる
●環境規制により新規建設が容易でない化学工場を取得できる
●事業基盤の拡大によりスケールメリットを享受できる

インテグループの強み

弊社には、以下のような強みがあります。
この強みを活かして、経営者様のご希望に沿ったM&Aを実現いたします。

1.お客様にリスクのない完全成功報酬制
弊社は、着手金、中間金等がなく、成功報酬のみでM&Aを支援いたします。
M&Aが成立しなければ手数料は一切発生しないため、お客様にとってリスクがありません。

2.中堅・中小企業のM&Aに特化
弊社は、銀行、証券会社、他の仲介会社が取り組まない中小規模のM&Aに特化しております。
化学メーカー・化学工場であれば、売上3億円程度の規模から支援可能です。工場の立地や、保有特許・技術の希少性次第では、さらに小規模の会社様でも支援可能です。

3.専門性
社内には成約件数が日本でトップクラスのコンサルタントおよび会計士、弁護士等の専門家がおり、財務、法務等M&Aに関わるあらゆる問題に迅速に対応できます。
また、化学メーカー・化学工場のM&Aに精通した専属コンサルタントが担当いたします。

4.ベストの相手先を紹介できる情報力
化学メーカー・化学工場のM&A・売却・譲渡の支援実績が豊富で、大手化学会社等の有力な買い手ネットワークを有しているため、ベストの相手先の紹介が可能です。

化学メーカー・化学工場のM&A事例紹介

化学メーカー・化学工場の過去の主要なM&Aは、以下のとおりです。

時期 売り手 買い手 スキーム
2014年 大陽日酸 三菱ケミカルホールディングス TOB
2014年 武田分析研究所 住化分析センター 事業譲渡
2013年 デュポン クラレ 事業譲渡
2013年 ヘレウス 三井化学 事業譲渡
2012年 片山製作所 堺化学 株式譲渡
2012年 東北ポリマー ダイセル 吸収合併
2011年 林原 長瀬産業 株式譲渡
2011年 大塚アグリテクノ 経営陣 MBO
2010年 川合肥料 長瀬産業 株式譲渡
2010年 藤精工 三谷産業 株式譲渡
2009年 クラシエHD ホーユー 株式譲渡
2008年 八幸通商 マナック 株式譲渡
2008年 富山化学工業 富士フィルムHD TOB
2007年 日本乳化剤 日本触媒 株式譲渡
2006年 三共アグロ 三井化学 株式譲渡

インテグループの成約実績

健康不安から40代でアーリーリタイアするため、化学メーカー(売上:約4億円)を、事業領域拡大を目指す人材派遣会社へ売却。

化学メーカーのM&Aニュース

2016.07.06 大日精化工業がプラスチック用着色剤メーカーを買収
2016.04.15 三菱樹脂がプラスチック加工メーカーを買収
2015.12.16 東洋インキがトルコのインキ会社を買収
2015.09.30 東レがプリプレグメーカーを子会社化
2015.08.27 DICグループが化粧品顔料メーカーを子会社化
2015.07.21 タテホ化学工業がセラミック事業を譲り受け
2015.07.16 エーザイがノースカロライナの工場を事業譲渡
2015.07.01 東レが燃料電池等の部材の開発・製造・販売会社を子会社化
2015.05.18 日華化学が大智化学産業を子会社化
2015.04.27 昭和電工がフェノール樹脂事業を譲渡

最新の化学メーカーの買収希望情報

2015.04.16 化粧品メーカー 首都圏 売上5億円以上 予算3億円
2015.04.09 自然派化粧品メーカー 売上10億円以上 予算30億円
2015.04.02 化学メーカー 全国 売上10億円以上 予算10億円
2015.03.25 化粧品(国産品) 全国 予算50億円

まずは無料相談へ

インテグループでは、化学メーカー・化学工場の売却・買収を検討中の経営者様からの無料相談を受け付けています。
ご相談をいただいたからといって、無理な営業や強引な勧誘は一切いたしませんので、お気軽にお問い合わせください。
ご相談内容については、秘密を厳守いたします。

M&A無料相談・お問い合わせ

  • 資料請求
  • 無料 企業価値算定サービス
ページTOPへ

Copyright(C)Integroup Inc. All rights reserved.