三角合併

三角合併とは、会社の合併の際、存続会社の株式ではなく親会社の株式を消滅会社の株主に対価として交付して行う合併のこと。
例えば、外国企業の日本子会社が親会社の株を対価として日本企業を買収し、外国企業の完全子会社とすること。

 

M&A無料相談・お問い合わせ

  • 資料請求
  • 無料 企業価値算定サービス
ページTOPへ

Copyright(C)Integroup Inc. All rights reserved.