M&Aの現場(BLOG)

2代目若手社長の決断

先日、成約した案件の売り手のA社長は、まだ40代の若い社長様でした。

お父様が創業された会社を、20代で引き継がれ、堅実な経営を続けてこられました。
会社を引き継いだ時、先代が不動産投資で失敗しており、会社は大きな負債を抱えていたそうです。
引継後、A社長は本業に徹し、また、営業スタイルを時代にあったものに変えるなど、大幅な経営改革を行いました。
その結果、財務は劇的に健全化され、弊社に売却のご相談を頂いた時には、実質無借金の優良企業となっていました。

会社は順調。
社長も若く、健康。
にもかかわらず、A社長が売却を決断されたのは、従業員の将来を考えてのことでした。

中長期的には、現業では、相当程度の規模がなければ、生き残れない。
社員の雇用・処遇を考えると、会社が良い状態のうちに、大手グループの傘下に入るのが最善と考えられたのです。

2012年は、団塊の世代が65歳を超え始める年です。
今後5年間で、多くの中小企業の経営者が引退をする、又は、引退を考え始めると言われています。
しかし、引退の決断は簡単ではありません。
特に、事業が順調に行っている時など、まだもう少し、まだもう少しと、先延ばししてしまいがちです。

実際、A社長も、会社売却については、悩むこともあったようです。
しかし、最終的には社員のことを第一に考え、すっぱりと決断されました。
業界の将来展望についての鋭い洞察と、従業員のためという目的意識に基づいた、本当に、素晴らしい決断だったと思います。

今後、社長は、ご自身で起業された別事業に注力される予定です。
その別事業は、今後の成長性が期待されるもので、社長の人間性と決断力があれば、順調に伸びて行くことは間違いありません。

新事業でのA社長のますますのご活躍を祈念いたします。

籠谷智輝

01/Mar.2012 [Thu] 21:37

対照的な案件

昨日は、2件の案件が同日でクローズしました。

この2件は、成約までにかかった時間という観点で、対照的な2件でした。
1件は、相談を受けてから3ヶ月でクローズしたスピード成約案件、もう1件は2年2ヶ月でクローズした長期戦の案件でした。

ただ、長期間かかった案件も、実は、かなり早い段階で買い手との話し合いがスタートしていました。ここまで長期に渡ったのは、売り手の社長が最後の決断をなかなかできなかったためです。買い手が辛抱強く話し合いを続けた結果、最終的には、従業員・取引先・株主にとって、最良の選択であると確信した上で、売却の決断をされました。

スピード成約案件は、弊社が既に実績のある業界での案件で、当初から意欲の強い買い手が複数社存在しており、そのうち1社との譲渡が成立しました。この案件の売り手社長は、業界の今後を考えた場合に大手グループに入らざるを得ないという信念に基づき、売却に関しては明確な意思をもっていましたので、とんとん拍子に成約に至りました。

成約に至る経緯は対照的な2社ですが、最終的には社長の英断により、顧客・従業員が皆ハッピーになったという点では、共通しています。

両社の発展を心より祈念しています。

籠谷智輝

02/Dec.2011 [Fri] 21:30

意外なパートナー

前々から協議を続けていた業務提携案件が成立しました。

本件は、商材は異なる、販売チャネルも異なる、主力の商圏も異なる、しかし、最終顧客の業態がほぼ同じという2社による業務提携でした。
最終顧客が同じであるにも関わらず、相互のビジネス・商流のバッティングがほとんどないという珍しいケースでした。
さらには、商材の相互補完性・親和性が高いというおまけつきです。

ここまで、ピッタリくる提携先が見つかることは珍しいと思うのですが、興味深いのは、両社は業界内ではそれなりの大手であるにもかかわらず、弊社が引き合わせるまで、互いのことを全く知らなかったということです。
外からみれば同業界に見えても、業界内部では細分化されていて、完全に別業界という位置付けだったようです。

弊社からすれば、商材の親和性と顧客が同じであるという単純な事実に基づき、提携の提案をしたわけですが、業界サイドからすれば目から鱗だったようで、業界外の素人目線が功を奏した結果となりました。

国内市場が縮小する中、より効率的に売上を伸ばすためには、今回のような業務提携は実効性が高く、このような提携は、資本が絡むケースも含めて今後も増えてくると思います。

籠谷智輝

17/Oct.2011 [Mon] 21:28

子会社の売却

先日成約した案件は、子会社の売却でした。

この子会社は、親会社で販売する製品のみを製造している所謂製造子会社でした。以前は、親会社以外にも売り先があり、売上全体のかなりの部分を占めていたのですが、直近では外部販売がなくなり、オーバーキャパシティの状態に陥っていました。

当該子会社を、同業の製造会社に売却することで、売り手である親会社は本業に経営資源を集中することができ、また、子会社は買い手の傘下で販路を増やし、生産量を拡大させることが可能になりました。

工場で働く従業員も、生産量が増えてやりがいが出る、また、人員も増えるので楽しくなると、大変喜んでいらっしゃったのが、印象的でした。

グループ内では本来の価値を発揮できない子会社を他社へ売却することにより、売り手・買い手、そして、売却対象となる子会社全てにとって、大きなプラスの影響が生み出されます。

本業に関連しない子会社や、規模が小さく非効率な子会社を抱えている中小企業は意外に多く、このような子会社の売却は、今後も増えて行くと考えられます。

籠谷智輝

07/Jul.2011 [Thu] 21:24

ライバル企業への売却

先週成約した案件は、食品系の会社の同様ライバル企業への売却でした。
売却先として最初に思い浮かぶのは、同業他社ですが、実はライバルの同業他社への売却というのはそれほど多くはありません。

なぜなら、一つには、売り手がライバル企業に売却するのは心理的抵抗感が強い場合が多い為。

もう一つの理由は、同業の場合、買い手から良い条件が出てきづらい為です。異業種であれば、ビジネスモデル、ノウハウも含めて事業の価値を評価してくれますが、同業であれば、単に顧客が欲しいということになってしまいがちだからです。

先週成約した案件は、買い手が売り手を買収することによって、業務効率化の余地が大きいところが一つの決め手になりました。

またこの案件は、震災後に初めて相談を受け動き出した案件ですが、一般的にはこういう時期は様子見となりがちですが、異例のスピード成約でした。

藤井一郎

20/Jun.2011 [Mon] 21:22

1  …  4  5  6  7  8  9  10  11  12  …  21
ページTOPへ

Copyright(C)Integroup Inc. All rights reserved.